SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

2020年のドラフトについて、そして戦力外ギリギリの立場にいる選手にとってのドラフトの意味とは?《G.G.佐藤オンライントーク》

G.G.佐藤さんにドラフトについて聞いてみた。


2020年は夏の甲子園がなかったことで、スカウトの立場からすると高校生の判断基準が少なくなり、どうしても大学生・社会人の選手の指名が増えたような気がすると語ってくれた。


また、新入団選手がいれば同じだけ戦力外になる選手もいるわけで、そのギリギリの立場にいる選手にとってもドラフトは大きな意味を持つものだという。

「同じポジションの新入団選手がいると自分の立場が危うくなる」というリアルな感情もある?

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー