SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

アメリカで2年、横浜ベイスターズで1年。現役最後の3年間について【入来祐作オンライントーク】

36歳で現役引退。まだやれたのか? それとも…。

2006年はニューヨーク・メッツ傘下のノーフォーク・タイズ(3A)に所属した入来祐作さん。

2007年までアメリカで過ごし、2008年からは帰国して横浜ベイスターズに所属した。

どのような経緯で横浜ベイスターズ入団となったのか?

そして当年に現役引退。36歳だった。

引退するときの心境、状況を聞いてみると「野球をやれる気がしなかった」と語る。

現役最後の3年間を語ってもらった動画をぜひご覧あれ。