SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

キャッチャー目線からは「極端な守備シフト」はとりたくない理由がある!!≪谷繁元信オンライントーク≫

メリットばかりクローズアップされるが、確率的にデメリットのほうが多いはず


メジャーリーグではよく見られ、日本でも強打者の場合などは見られるようになった極端な守備シフト。

過去のデータを参照して行っているシフトだが、谷繁元信さんはキャッチャー目線からすると反対だという。

 

理由はシフトを敷いたせいで「打ち取った打球がアウトにならないケースが出てくるから」だという。

「ヒット性の打球をアウトにする」というメリットよりも、上記のデメリットが発生するほうがキャッチャーとしては嫌だという。

 

極端なポジショニングをされると配球も制限されてしまう部分もある。

どうしてもシフトを敷いた方向へ打たせようという意識が働いてしまうからだ。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内