SPORTS TALK
- スポーツを通じたコミュニケーション -

【ロッテ】「イニング跨ぎ」と「ロングリリーフ」は違う。内竜也が語るイニング跨ぎの難しさ。

先発投手の「次イニング」と、中継ぎ投手の「次イニング」は状況が違う

最近よく耳にする「イニング跨ぎ」。

おそらく中継ぎ投手は誰もが嫌なはずだと内竜也さんは言う。


中継ぎ投手というのは「前のピッチャーが作ったピンチの場面で出ていって投げる」ということが多い。

そのピンチを抑えたら、どうしても「今日の仕事はこれで終わり」という気持ちになるので、そのあとまだ投げるのは精神的にも厳しいという。


また、「イニング跨ぎ」は練習が出来ない。

実戦で経験するしかないのだが、その経験が浅いと不安だという。