SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

意外に一般的!? スポーツ業界で求められている資格とは?

スポーツ業界も結局は他のビジネスと同じ!

スポーツ業界で働くからといって、他の業界と違って特別な資格が必要な訳ではありません。
もちろん、スポーツトレーナーやスポーツインストラクターとして働くためには特別な資格があった方が広い分野にわたって仕事が出来るようになります。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!→
スポーツ業界の求人情報を見る

しかし、そういった専門技術を用いる以外にも、スポーツチームの経営や宣伝、メーカ-で作っている商品販売など、扱っている商材がスポーツに関する業務は様々あります。

したがって他の仕事や業界でも重視される資格を持っていればスポーツ業界で活躍することも出来ます。スポーツ業界専門の資格ではなく一般的なビジネスに役立つ資格で、スポーツ業界で価値のある資格をご紹介していきます。

スポーツ業界で役に立つ資格!日商簿記検定

おすすめの資格の一つが「日商簿記検定」の資格です。
スポーツマネジメントにおいて若干欠落している概念が「財務および会計」と言われています。 スポーツ組織でも一般の会社同様に、ファイナンスとアカウンティングの概念は重要です。 その中でも原価計算やお金の流れなどを把握できる人材は貴重になります。

特に会計の資格である日商簿記2級を持っていればスポーツ業界における就職、転職では役に立ちます。

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。