SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

サッカーの起源の有力説!2000年以上前の中国起源説【スポーツ業界で働く人たち】

中国の伝統文化「蹴鞠(しゅうきく)」起源説

「ボールを蹴るスポーツ」「ルールを決めてボールを足で扱うスポーツ」など、サッカーというスポーツを明確には定義できないため、サッカーが誕生したはっきりとした起源というのは実は分かりません。

そのため、サッカーの起源には様々な説がありますが、有力説とされるのが「中国起源説」「イタリア起源説」「中世イングランド説」「キリスト教お祭り起源説」。今回は「中国起源説」を解説します。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

中国の伝統文化「蹴鞠(しゅうきく)」という遊びからサッカーというスポーツができたのではないかというのが、1つ目の説です。

紀元前300年以上前の中国のひとつの国「斉」では、軍事訓練として蹴鞠が用いられていたという歴史があります。

漢王朝の時代には12人1チームでそれぞれ鞠を奪い合い、「球門」に入れた回数を競い合うという極めて現代のサッカーに近い遊戯が確立していました。

FIFAの公式ホームページでも中国の蹴鞠がサッカーの起源と紹介されていること、サッカー史の研究者も証言していることから4つの説の中で一番有力であるとも考えられていますが真相は謎に包まれています。

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。