SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

〈サッカー基本解説〉サッカーのボレーの種類

それぞれに長所短所がある

シュートやパスをする時に使うボレーキックですが、サッカーのボレーには実は3種類の蹴り方があります!

それぞれの長所や短所、どの場面で使うのか紹介していきます!

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

1:インサイドボレー

足のインサイドでボレーキックを蹴ること。

①長所:足のインサイドは面積が広いため確実にボールの中心を捉えることができ、正確に狙ったところへ蹴れる。

②短所:強くボールを蹴ることができず、遠くまで飛ばせない。

③使う場面:ロングパスを味方にダイレクトでパスをする時や、相手のゴール付近で味方のクロスに合わせる時に使う。

2:アウトサイドボレー

足のアウトサイドでボレーキックを蹴ること。

①長所:ボールに回転(スピン)をかけられるため、ボールが上から下に落ちるように変化し、相手キーパーはボールの軌道が読みづらい。

②短所:ボールをアウトサイドで正確に捉えにくく、狙ったところに蹴ることが難しい。

③使う場面:ゴールまでの距離があり、相手ディフェンダーがシュートコースに立っているときに使う。

相手ディフェンダーの頭上を超えるシュートを打つことができる。

3:インステップボレー

足のインステップ(足の甲)でボレーキックを蹴ること。

①長所:ボールの芯を捉えることで強いシュートが打てる。またアウトサイドボレーよりも正確に、インサイドボレーよりも強く遠くに蹴ることができる。

②短所:ボールの芯ではなく、下の部分を蹴ってしまうと強く蹴れず、ボールが高く上がってしまう。

③使う場面:ゴールまでの距離に関係なく、浮いたボールを強く、より正確にシュートを打つ時に使う。

このように、ボレーにはそれぞれ場面で使うのに適した蹴り方があります! 

プロ野球/Jリーグの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたばかりのスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。