SPORTS WORK
- スポーツ業界で働く -

【テニス基本ルール】今さら聞けない!テニスの基本ルールをわかりやすく解説③

タイブレークのサーブのルール

タイブレークにおけるサーバー(サーブを打つ選手)は、最初は1ポイント、それ以降は2ポイント毎に交代します。

通常、相手選手のサービスゲームを勝ち取る事を「ブレークする」といいますが、タイブレーク時では「ミニブレークする」といいます。

プロ野球・Jリーグなどの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

またタイブレーク時のコートチェンジのタイミングは、両者のスコアの総数が6の倍数の時です。

3-3、6-0などのスコアになった時にコートチェンジを行います。

スーパータイブレークってなに?

現在、テニスの4大大会(グランドスラム)のひとつ、全豪オープンのシングルス最終セット(ファイナルセット)で採用されているのが「スーパータイブレーク」です。

ルールは通常のタイブレークとほぼ同じで、大きな違いが10ポイント先取制だという事。

その為「10ポイントマッチタイブレーク」などとも呼ばれています。

最終セットなので、女子なら3セットマッチのため3セット目、男子なら5セットマッチのため5セット目に採用されています。

プロ野球・Jリーグなどの現場で働ける求人情報多数掲載中!《スポーツ業界の求人情報を見る》

【初出】スポジョバ〜スポーツ業界に特化した求人メディアサイト〜

スポジョバは、2019年8月23日にリリースしたスポーツ業界に特化したマッチングサービスです。スポジョバのサイト内には、スポーツ業界の求人情報を中心としつつ、特集記事やセミナー、イベント情報も掲載します。「スポーツ好きなあなたがスポーツ業界をもっと良くする」をコンセプトに「価値あるスポーツの繋がりを作る」ことをミッションにしています。