LOVE SPORTS

安く株を買って大儲け!これから伸びる会社を見抜く予想方法とは?【文系女子が幸せになる投資BOOK】

決算書は会社の成績表。今の状態が一目でわかる

ちなみに、上場企業の公式サイトの「IR情報」には「決算書」の情報が必ず載っています。

決算書とは、ある期間における会社の財務状況を示した、いわば「会社の成績表」「会社の健康診断書」のようなもの。その会社が1年間どんな事業を行って、どういった結果を残したのか、会社の経営が健全な状態かどうかなどが、決算書を見ればわかります。

決算書は専門的すぎて難しいという方は「決算説明会資料」をチェックするのもおすすめ。決算説明会資料は、株主などに対して決算状況を説明する際に使われる資料です。専門知識がない人にもわかりやすく伝えるため、グラフや図が使われているので、決算書より容易にその会社の財務状況を理解することができます。

会社の業績を把握し、未来を予測する

株の基本は、株価が安いときに買って、高いときに売ること。ですから「これから伸びそうだな」と感じる会社の株を青田買いするのが理想です。基本データや業績を通じてその会社の今を知り、「この会社の業績は今後、上向きそう!」という未来が予測できたら投資する。これが王道のスタイルと言えます。

そのためにはまず、売上高と営業利益がしっかりと伸びているのか、今後も大きく伸びていくことが想定されるかどうかをチェックし、見極めることから始めましょう。 一般的に会社は決算時に、次期の業績を予想して発表します。この当初の予想を後から高く設定し直すことを「上方修正」、反対に低く設定し直すことを「下方修正」と言います。上方修正するということは、予想以上に会社の業績がよかったということになります。

出典:文系女子が幸せになる投資BOOK

【書誌情報】
『文系女子が幸せになる投資BOOK』
大竹 のり子 著

「数字や計算式が苦手だから…」という理由で投資に踏み出すことができない文系女子のために、難解な数式などはできる限り払拭し、文章をメインに投資の基礎知識をわかりやすくまとめました。投資信託や株式運用の基礎から、金融商品の売買のコツまで、この一冊でマスターすることができます。もちろん、女性におすすめの株商品や証券口座紹介など、実践的な情報も満載。さらに、文系女子ならではの豊かな感性を投資に生かす方法も紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内