LOVE SPORTS

大きなお金じゃなくてもOK!ジュース 1 本分の金額で投資デビューできるって本当?【文系女子が幸せになる投資BOOK】

ジュース1本分の金額で投資デビューできる!

投資信託がいくら初心者向きとは言え、「投資」である以上、大きなお金が必要なのでは? と思ってしまうかもしれません。美容や交際費、趣味などいろいろなことにお金がかかる中、投資のための金額を工面できるのか、不安を感じている方もいることでしょう。

でも大丈夫。 投資信託は証券会社によっては100円から購入できます。ジュースを1本我慢するだけで投資が始められるとなると、ぐっとハードルが低くなりますよね。そして少額から投資できるといっても、中身は「詰め合わせ」なので、しっかり分散効果が働いているのも投資信託の大きなポイントです。さらに、積立がしやすく、通信費や光熱費のように自動で引き落としもできるので、毎月お金を振り込んだりする手間も必要ありません。まさに先取り貯蓄のように、一度仕組み化してしまえば自動的に投資が行われるということですね。

金融商品の値動きをチェックするのは意外と面倒なもの。投資信託であれば年に何度か確認すれば、ほったらかしにしておいても大丈夫なので、仕事や趣味に忙しい人ほどおすすめです。

難しいことはプロにお任せで、時間にも気持ちにも余裕を持てる

時間や気持ちのゆとりは、お金のゆとり以上に大切です。せっかく金銭的に豊かになるために投資を始めても、難しい計算に四苦八苦したり、不得手なことに時間を費やさなければいけなくなったりするようでは、お金が増える以前にストレスが溜まってしまいます。だからこそ、初心者の方には、運用をプロにお任せできる投資信託がおすすめなのです。

投資信託は、証券会社などの金融機関が金融商品の詰め合わせである商品(投資信託)をたくさんの投資家に販売し、それによって集まったお金をファンドマネージャーという運用のプロがまとめて投資・運用するというもの。

運用のプロであるファンドマネージャーが、あなたに代わって、どの株や債券にどれだけ投資するかといった運用方針を考え、分散投資をしてくれるからこそ、時間にも気持ちにも余裕を持てる。これが投資信託の魅力です。

出典:文系女子が幸せになる投資BOOK

【書誌情報】
『文系女子が幸せになる投資BOOK』
大竹 のり子 著

「数字や計算式が苦手だから…」という理由で投資に踏み出すことができない文系女子のために、難解な数式などはできる限り払拭し、文章をメインに投資の基礎知識をわかりやすくまとめました。投資信託や株式運用の基礎から、金融商品の売買のコツまで、この一冊でマスターすることができます。もちろん、女性におすすめの株商品や証券口座紹介など、実践的な情報も満載。さらに、文系女子ならではの豊かな感性を投資に生かす方法も紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内