LOVE SPORTS

もしあなたがカラスの巣を見つけてしまったら…攻撃されない適切な対処法とは?【カラスの話】

自宅に招待?絶対にお断りです!

カラスは木の上に巣を作ります。送電鉄塔の上に作ることもありますが、一番好きなのは木の上です。地域によっては電柱に作る例も多いのですが、全国的にはそれほど一般的ではありません。巣は直径50~60センチくらいの皿形で、木の枝を組み合わせてあります。ただし、クチバシと足だけで枝を折り取るのは時間がかかるので、ハンガーを使っていることもよくあります。もちろん、ベランダから盗んだものです。私もやられたことがあります。

カラスに限らず、鳥の巣は卵とヒナのためにあります。卵がかえるまで20日ほど、それからヒナが巣立つまで32日ほどなので、使うのは50日あまりです。そのためにカラスは毎年、巣を新しく作ります(稀に同じ巣を続けて使うこともあります)。巣はベビーベッドだと思ってください。

子どもを守るため、カラスは巣を見られるのを嫌がります。そのため、巣は見つかりにくい、葉の茂った木の上が多いのです。もし、あなたが巣のほうを見ていたら、カラスは「自分の巣を狙っている敵ではないか」と不安になり、威嚇して追い払おうとするかもしれません。カラスは別に凶暴でもなんでもないのですが、子どもを守るためなら、人間が相手でも威嚇することがあります。3月から6月ごろ、カラスがしつこく怒っていたら「あ、巣があるのかな」と思ってください。巣や子どもに近づかなければ、それ以上の攻撃はされません。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 カラスの話』
著: 松原始

「カラスはなぜ怖いのか?」がわかる本!黒い羽を虹色に輝かせ、時に人を威嚇し、悠然と街を歩く。不吉なシンボルとされる一方、賢さで知られる彼らの生態や魅力を面白く伝える1冊です。「カラスはほんとは怖くない!? 」「 読めばよむほど、好きになる!?」

公開日:2021.05.03