LOVE SPORTS

デスクワークが多い&普段歩く頻度が少ない人におすすめの呼吸法とは?【一流が実践する人生を変える呼吸法】

ヒザ立ちの姿勢

歩くときに使う筋肉に腸腰筋があります。腰から太ももの付け根にかけて付着しています。デスクワークが多い方や、普段歩く頻度が少ない方は、この腸腰筋が弱まり、それにともない腹筋部の動きが悪くなります。

お腹まわりが使えなくなると呼吸が浅くなりますので、これらの動作を良くしていく腹式呼吸を行いましょう。ヒザ立ちになり呼吸に合わせて骨盤を前後に動かしていきます。息を吐いてお尻を前に出すときに、腹筋の動きを邪魔する筋肉が良く伸びます。

腹筋の動きを良くするために行う姿勢

①ヒザ立ちで鼻から息を吸って腰を後ろに動かす
片ヒザ立ちになり手を腰に当てる。鼻から息を吸いながら、顔を上に向けてお腹を膨らませる。腰を後ろに動かす意識を持つ。

②息を吐きながらお尻を前に出して顔を下に向ける
口から息を吐きながら、おへそを覗き込むように顔を下に向ける。お腹を縮めてお尻を前に出していく

出典:『一流が実践する人生を変える呼吸法』著/宮﨑裕樹

【書誌情報】
『一流が実践する人生を変える呼吸法』
著者:宮﨑裕樹

人間が健やかに生きていくうえで大切な呼吸を整えることで、腹横筋、肩甲骨などの体幹部や臓器を活性化し、ストレッチやトレーニングの効果を飛躍的に高めるメソッドを紹介する一冊。一流のスポーツ選手や数多くの芸能人が、実際に取り組んでおり、健康を高めつつ、ストレスを軽減した生き方のヒントがここにあります。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内