LOVE SPORTS

劉備、絶対絶命の危機を脱せるか?【三国志】

Text:澄田 夢久

荊州の劉琮は曹操に降伏

劉備の諸葛亮への謙虚さは、襄陽名士の信頼を勝ち得た。「三顧の礼」によって、劉備が名士の建言を尊重することを明らかにしたからである。

気に入らないのが関羽と張飛。劉備は、「孔明とわしは、いわば〝水魚の交わり〞なのだ」と諭さとす。つまり、魚は水がなければ生きられない、劉備にとって孔明が水であり、また孔明にとっても劉備が水となる。互いの志を達成するには欠けてはならない存在だ、というのである。

これまでの劉備は、状況の見通し、戦略、用兵などすべて自分でおこなうしかなかった。それでは無理が生じる。そこに、その才、漢の高祖劉邦の知将張ちょう良りょうを上回り、のちに「智絶」と称される諸葛亮を得た。劉備にとって諸葛亮は、関羽、張飛に等しい「金石の交わり」なのだ。それでも腑に落ちない二人だったが、やがて曹仁、夏侯惇が攻め寄せてきたとき、諸葛亮の火攻めの軍術で見事に迎え撃った手際を見せられ、敬服することになる。

さて、劉備の幕僚には諸葛亮が加わったことで、しだいに陣容も整理され、調いつつあった。だが、時勢は刻々と変化する。。

建安十三年(207)、劉表危篤の報を得た曹操は、荊州平定のために南下する。そんな危急の際にも関わらず、お家騒動が起こった。蔡瑁の姉が劉表の後妻とあって、姉の子で次子の劉りゅう琮そうを継嗣に立てようとする。反発する長子の劉琦は身の危険を感じて、劉備に接近する、という有様で荊州は揺れていたのだ。

劉表が薨みまかると劉琮が跡を継ぎ、蔡瑁は、曹操と孝廉で同期だったため、曹操のもとへ荊州名士たちを引き連れて降る。その結果、荊州は一汗もかかずに曹操の支配地となる。いよいよ強大となり、天下統一に拍車がかかる曹操は、孫権に帰順勧告書を送りつける。これをめぐって孫権幕閣は意見を異にして紛糾するが、それは次項の話。

曹操を恐れた劉備は、すでに襄陽を撤退していたが、共に逃げるその数、十万余。劉備を慕って集まる荊州の民で膨れ上がったのだ。歩みは鈍く、日に十里(四キロ強)しか進めない。

劉備は、水軍を関羽に与えて、先んじて江陵へ向かわせた。劉備も軍事拠点の江陵を目指すが、曹操は江陵が奪われるのを嫌って、選りすぐった騎兵で急追。アッという間に長坂坡に追いついき、民を抱えて裸同然の劉備軍を思うままに殺戮するのである。

このとき、二つの奇跡が起こった。趙雲が劉備の嫡子阿斗(のちの蜀漢二代目皇帝劉禅)を抱えて曹操軍の中を駆け抜け、劉備軍の殿しんがり軍を買って出た張飛が、長坂橋で仁王立ち、大喝一声で曹操軍を退かせたのだ。かくして劉備は死中を脱け、夏口の劉琦を頼って駆け走ったのである。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 三国志』
著:澄田 夢久 監修:渡邉 義浩

シリーズ累計発行部数160万部突破の人気シリーズより、「三国志」について分かりやすく解説した一冊。魏・蜀・呉、三国の興亡を描いた『三国志』には、「桃園の誓い」「三顧の礼」「出師の表」「泣いて馬謖を斬る」など心打つ名場面、また「水魚の交わり」「苦肉の策」「背水の陣」「髀肉の嘆」など名言や現代にも通じる格言も数多く登場する。また、曹操、劉備、孫権、孔明、関羽、張飛、趙雲、周瑜、司馬懿など個性豊かで魅力的な登場人物に加え、官渡の戦い、赤壁の戦い、五丈原の戦い等、歴史上重要な合戦も多い。英雄たちの激闘の系譜、名場面・名言が図解でコンパクトにすっきりわかる『三国志』の決定版!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー