LOVE SPORTS

旧約聖書とは?~舞台~【聖書】

Text:渋谷伸博

二大文明の地を含む壮大なスケール

聖書協会共同訳『聖書』(1987年版・2018年版)の巻末に記された「聖書について」では、旧約聖書に収録された物語群の舞台について「東地中海の諸国」と表現しています。

これは学問的には正確かもしれませんが、誤解を招く表現に思えます。地中海沿岸地域のみで話が展開したような印象を与えるからです。

実際には、より広大な地域が舞台となっています。東はエジプト、西はチグリス・ユーフラテス川流域まで及ぶのです。現代の地域区分でいえば、中東と呼ばれている地域とほぼ重なります。

興味深いことに、この範囲には四大文明のうちの2つ(エジプト文明・メソポタミア文明)が含まれています。まさに古代文明発祥の地といえるでしょう。

旧約聖書の創世記を読むと、この 二大文明と密接な関わりがあったことがわかります。

たとえば、アダムとエバが住んだ楽園エデンはチグリス・ユーフラテス川の流域にあるとされていますし、バベルの塔の話はメソポタミア文明の発祥と関わります。また、イスラエル民族の父祖と呼ばれるアブラハムのひ孫ヨセフは、エジプトでファラオ(王)に次ぐ地位に就きます。

創世記に次ぐ出エジプト記では、エジプトからの脱出が語られます。ヨセフの時代には優遇されていたイスラエルの民も、時代が降ると奴隷のように酷使されるようになっていたのです。神の命により彼らを救い出したのがモーセです。

モーセに率いられた人々はシナイ半島を南下し、シナイ山に至ります。さらにそこから北上してヨルダン川まで40年かけて旅をします。

モーセの後を継いだヨシュアはヨルダン川を渡り、神から約束の地とされたカナン(地中海と死海・ガリラヤ湖にはさまれた地域)へと人々を導きます(ヨシュア記・民数記)。

ダビデ、ソロモンという賢王の出現により、エルサレムは一大都市となり壮麗な神殿が建てられますが、アッシリアや新バビロニアの侵略を受けます。紀元前597年には王族をはじめ、多くの人がバビロニアへ連行されるという悲劇、バビロン捕囚が起こっています。

紀元前538年頃には、エルサレムへの帰還がかないますが、その後もパレスチナは外憂が続きます。

紀元前332年からは、アレクサンドロス大王とその後継者の支配を受け、紀元前63年からは、ローマ帝国の属領とされました。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 聖書』
著者:渋谷伸博  日本文芸社刊

執筆者プロフィール
1960年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。宗教史研究家。よみうりカルチャーなどで神話をテーマとした講座も開講している。著書多数。近著に『一生に一度は参拝したい全国の神社めぐり』『聖地鉄道めぐり』『神々だけに許された地 秘境神社めぐり』『歴史さんぽ東京の神社・お寺めぐり』(いずれもジー・ビー)、『あなたの知らない般若心経』(宮坂宥洪監修、洋泉社新書)、『諸国神社 一宮・二宮・三宮』(山川出版社)などがある。


名場面でイッキにわかる! 壮大な神と人との物語
えっ、そうだったの!? 天地創造から、イエスの教え、復活のナゾまで、聖書のエピソード×名画のイラストで楽しむ聖書の中身。
旧約聖書と新約聖書の61の名場面を、世界的な名画のイラストとともに紹介。天地創造、楽園追放から、受胎告知、イエスの磔刑、最後の審判まで、ストーリーとエピソードをドキドキ楽しく解説します。初耳学も交え、初めての人でも最新の聖書の知識がダイナミックにわかるエンターテインメント雑学本です。シリーズ80万部を突破、大人の学び直しにおススメ! 日本文芸社の眠れなくなるほど面白い図解シリーズの聖書版です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内