LOVE SPORTS

緊張する場面で役立つ自信がみなぎる最強ポーズ&心を安定させるマインドフルネス呼吸法とは!?【ストレスの話】

Text:ゆうきゆう

心を安定させるマインドフルネスの深呼吸

背筋がピンとした立ち姿の美しい人は、どこか凛として堂々とした印象を与えます。これは見た目だけのことではなく、実際に胸を張った姿勢をとることで、人は自信が湧いてくるのです。

スペイン・マドリード大学の心理学者パブロ・ブリロンは、学生たちを「良い姿勢」と「悪い姿勢」のグループに分けたうえで、将来の仕事や人生についての質問をしました。その結果「背筋を伸ばした姿勢」をとらせたグループは、将来に対してポジティブな発想をした反面「うつむき加減や猫背の姿勢」のグループは、ネガティブな将来像を描いたそうです。この結果を見る限り「姿勢と気持ちはつながっている」ことがうかがえます。

たしかに、自信にみなぎっているときは、誰もが胸を張って颯爽としています。しかし、不安や悩みがあると、背中が丸まり、うなだれた姿勢をとりがちです。「へこみそうなときは胸を張る」ことを心がけ、姿勢から気持ちを整えましょう。

もうひとつ、めげそうな気持ちを再起させる特効薬として、マインドフルネスを使った深呼吸をおすすめします。副交感神経を優位にしてリラックスするため、ただ深呼吸をするのではなく「呼吸を感じる」ことがポイント。鼻から息が入ってくる感覚、空気の温度などを感じることで、今ここにいる自分に意識を向けます。マインドフルネス効果によって心が安らぎ、前向きになれます。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 ストレスの話』

【書誌情報】
『図解 ストレスの話』
監修:ゆうきゆう

「ストレス社会」といわれている現在、科学や技術の発達で快適になっていく日々の生活とはうらはらに、ストレスからくる心身の不調に多くの人が悩まされています。ストレスの原因は仕事や学校、家庭、SNSなど人によってさまざま。特に最近では、新型コロナウイルスの影響でこれまでの生活様式が大きく変化し、何かと行動も制限されました。それにより、たまったストレスをうまく発散できずに常にイライラしたり、不安感がいつまでたってもぬぐえずあまり眠れなくなったり…また、ストレスは自律神経を乱す原因になるため、放置すると免疫力も下がり、体の不調を招くことになります。本書では、そんな諸悪の根源であるストレスの解消法を医師が解説。そもそも自律神経が乱れるまでストレスをため込まない男女別の考え方と、たまってしまったらすぐに自宅で解消できる方法を、メンタルマネジメントや栄養、運動など実用的な内容で紹介しています。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内