LOVE SPORTS

様々な働き口がある「薬剤師」は働く場所で給料がだいぶ違う?【職業と給料の話】

Text:高田晃一

薬局・企業・ドラッグストアなど活躍の場によって給与が異なる

 医師が出した処方箋をもとに薬を出す、薬剤師。薬の専門家の薬剤師は、調剤した薬を患者に渡しますが、ただ薬を出すだけではありません。患者の健康に関わるものですから、処方箋に誤りがないか、患者さんの症状に対して薬が適切かどうかもチェックし、患者に対して正しい服用法の指導もします。

私たちは薬局や病院で薬剤師と接しますが、薬剤師の働く場所はそこだけではありません。製薬会社で新薬の研究・開発を担当する薬剤師もいます。治験専門企業で、治験に関わったり、臨床試験が正しく行われているかどうかをチェックする薬剤師もいます。

行政機関で食品衛生の監督業務を行ったり、医薬品製造業者の検査・指導などを行う薬剤師もいます。化粧品メーカーや食品メーカーで商品開発を行う薬剤師もいます。薬剤師になるには、薬学部や薬学系大学を卒業して、国家試験を受ける必要があります。試験に合格して申請し、厚生労働省の薬剤師名簿に登録されると薬剤師として活動できます。

前述のように薬剤師の働く場所は様々なので、勤務先によって収入が大きく異なります。最も高い収入の雇用は製薬会社で、病院や薬局、ドラッグストアはほぼ同じ水準です。平均年収は520万~540万円前後。今後、高齢化がさらに進む日本では、薬剤師のニーズはより高まっていくことでしょう。ドラッグストアの店舗数も増え、医薬品を扱うコンビニも登場している状況ですので、薬剤師の活躍の場はますます増えていくものと思われます。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 職業と給料の話』

【書誌情報】
『図解 職業と給料の話』
著者:高田晃一

「あの人はどれくらい稼いでいるの?」「不況でも安定して働ける職業は?」「稼げる職業とは?」国家公務員、警察官、YouTuber、インスタグラマー、新聞記者、Webデザイナー、弁護士、介護福祉士、歯科医師、美容師、料理人、プロスポーツ選手ーーさまざまな職業のリアルと給料を知ることで、あなたのキャリアと将来が見えてくる!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内