LOVE SPORTS

30年間続いた「正統カリフ時代」の業績は?【世界の宗教】

Text:星川啓慈

勢力の拡大や『クルアーン』の成立など

632年、ムハンマドの没後、イスラム共同体の指導者として、預言者の代理人(カリフ)が定められることになります。しかし、正当な手続きを経て就任したカリフは4代にすぎず、その30年弱を「正統カリフ時代」と呼んでいます。

アブー・バクルの在位期間は2年間でしたが、彼はこの間、ムハンマドの没後、離反したアラビア半島の諸部族の再統一に力を注ぎました。

2代目のカリフは、軍事の才能に優れたウマルです。彼は*ジハードを繰り返し行なって、イスラム教の勢力範囲をアラビア半島全域まで拡大。国家としての体裁をしだいに整えていきました。

第3代カリフはウマイヤ家出身のオスマーン。彼の時代は、急激な版図(はんと)拡大で社会構造のゆがみが露呈する一方で、ムハンマドを通じて下された啓示が編纂(へんさん)され、『クルアーン』が成立しました。

第4代カリフは、ムハンマドの娘を妻としたアリーで、ウマイヤ家との間で指導者をめぐる争いが起こります。イスラム教の世俗化に反発するハーリジー派という最初の分派も勢力を伸ばし、三者間の争いに発展しました。そして、661年、アリーはハーリジー派によって暗殺され、ここに正統カリフ時代は終焉(しゅうえん)を迎えます。

アリーの死をきっかけに、イスラム社会にスンニ派とシーアという大きな二つの流れが生まれました。スンニ派は、イスラム教徒の約8割を占めます。3代までをカリフと認め、その後はウマイヤ朝の子孫をカリフとします。シーア派は、アリーの子孫だけが指導者だと考えます。

イラン国民の大半がこのシーア派です。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の宗教』
監修:星川啓慈 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
1956年生まれ。1984年、筑波大学大学院哲学・思想研究科博士課程単位取得退学。1990年、日本宗教学会賞受賞。現在、大正大学文学部教授。博士(文学)。専門は宗教学・宗教哲学。主な著書に、『言語ゲームとしての宗教』(勁草書房、1997年)、『宗教と〈他〉なるもの』(春秋社、2011年)、『宗教哲学論考』(明石書店、2017年)、『増補 宗教者ウィトゲンシュタイン』(法藏館、2020年)など。


「イエスはどんな教えを説いたの?」「ムスリムは日々どんな決まりを実践するの?」「仏教はどのようにして広まっていった?」 世界の宗教は謎だらけ! 教義、教典から歴史まで大宗教の中味がわかる! キリスト教、イスラム教、仏教の世界3大宗教を中心に、神道、ヒンドゥー教、ユダヤ教、シーク教、儒教、道教、ジャイナ教、ゾロアスター教、バハーイ教、新宗教を加え、世界の大宗教をまとめてイッキに解説します。52の素朴な疑問形式で構成。図解やイラストを交え、疑問にズバリ答えます。初めての人でも世界の宗教の教えやエピソードを楽しく学べるエンターテインメント教養本です。宗教を理解し、生き方のヒントを得るため、ニュースや国際情勢を理解するため、海外の人と交流するためにも役立つ1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内