LOVE SPORTS

乳幼児がベッドなどの高いところから転落したときの応急手当の方法とは?【応急手当ハンドブック】

乳幼児の転落事故

乳幼児がベッドなどの高いところから転落したら、まずは意識を確認し、 意識がなければ救急車を呼ぶ。落ち着いて対応することが大切。乳幼児がベッドなどの少し高いところから、落ちたときの症状は、落下したときの衝撃の度合い、体勢などによってさまざま。頭を強く打った場合には、「呼びかけてもボーっとしている」、「何度も嘔吐する」などの症状がある。

【応急手当】
①意識を確認する
「名前を呼んで反応をみる」などして、意識を確認する。意識がなければ、すぐに救急車を呼ぶ。救急車がくるまでは状況に応じて気道確保などを行う。
②外傷を確認する
ここからは意識がある場合の応急手当。出血や擦り傷がないかを確認する。出血していたら止血する(意識がない場合でも出血していたら止血する)。
③骨折や脱臼を確認する
触れるとひどく泣く場合は骨折、腕をダランとしている場合は脱臼の疑いがある。患部を動かさないようにして、至急、病院へ。
④コブや腫れを確認する
体のどこかにコブや腫れがないかを確認する。ある場合は、患部を冷やすなどの対応を。
⑤数日は様子をみる
アクシデント直後は症状が見られなくても、数日後に嘔吐を繰り返すようになることもある。アクシデントから1週間ほどはとくに注意深く接し、いつもと違うところがあったら、すみやかに病院へ。

出典:『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

【書誌情報】
『図解 応急手当ハンドブック―アウトドア レスキュー 家庭』

シーン別、ケガや病気・症状別に応急処置の方法がすぐに見つかる!一家に一冊、救急時に必ず役立つ!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内