LOVE SPORTS

日本人として必ず知っておきたい!日本を襲う次の破局噴火はいつ起きる?【地学の話】

日本に襲い来る破局噴火はカウントダウンに入った

破局噴火とは100㎦以上の大量の火山灰を一度に噴出する噴火のことをいいます。日本列島で破局噴火が起きたのは、ここ12万年間に10回ほどです。およそ1万年に1回といった頻度です。

破局噴火が起きると大型カルデラができますが、最近50万年間に噴火した大型カルデラ火山は,中南部九州と十和田以北・北海道に限られています。関東から関西にいたる本州の中心部にはカルデラ火山はありません。箱根火山はカルデラ火山ですが、破局噴火といえるような大規模噴火は起きていません。日本列島では、上空に偏西風が吹いているため噴煙は東に流されます。したがって、本州が噴煙からの火山灰の被害を受けるのは、中南部九州で起きる破局噴火です。

2万9000年前に鹿児島湾の姶良カルデラで起きた破局噴火では、地面を這う高温の火砕流によって中南部九州は破壊され、舞い上がった噴煙が東方に流されて、四国や本州の全域も厚い火山灰でおおわれてしまいました。このときの噴火では、450㎦以上もの膨大な火山灰が噴出しました。

最新の破局噴火は、鹿児島県の屋久島の西方の海底にある鬼界カルデラで7300年前に起きました。そのときのカルデラ壁の一部は薩摩硫黄島や竹島として海上に顔を出しています。この噴火で噴出した火山灰は170㎦を超えます。姶良カルデラの2万9000年前の噴火より規模は小さいけれど、それでも西日本から関東地方に至るまで火山灰でおおわれてしまいました。しかも、この噴火では、当時の西日本および九州の縄文文化が壊滅的な被害を受けたことが、考古学などから明らかにされています。

ほぼ1万年に1回という破局噴火ですが、直近の破局噴火からすでに7300年が経過しています。そろそろ次の破局噴火が起きてもおかしくないといえるかもしれません。起きるとすれば、それは中南部九州か北海道ということになりそうです。

破局噴火は、科学的な観測が可能になってからはまだ起きていません。そのため、どのような噴火の前兆現象があるのかもよくわかっていません。わかっているのは、残念ながら予知ができないまま、それがいずれ必ずやってくるということだけなのです。

出典:『眠れなくなるほど面白い 図解 地学の話』

【書誌情報】
『図解 地学の話』
著者:高橋正樹 他

地学は「地球を対象とする自然科学」の学問。ジャンルが幅広く興味深い話題も多い。地球の誕生から、火山や地震のメカニズム、異常気象や天気図、地層・化石まで、「地球物地学」「火山学」「気象学」「地質学」の4テーマに分けて解説。図解で楽しくわかりやすく勉強になる1冊。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内