LOVE SPORTS

ドローンって戦闘機になるの?

Text:荒巻豊志

ドローンはすでに戦場で使われている

ドローン(遠隔操縦または自立式の無人航空機)が実用化されて以来、戦争の形が大きく変わりました。

小型で無人のドローンは自国の兵士を犠牲にすることなく、相手の行動を探索したり、または爆撃することもできます。

2018年1月にはシリアで展開するロシア軍基地に対し13機のドローンが空爆を仕掛けました。対空ミサイルにて撃墜されたものの、人類史上初のドローンによる集団爆撃が行われたのです。

これらのドローンは紐ひもでつなぎあわせて作られた即席のものでした。しかし、爆弾を搭載しており、50キロも離れた場所からGPSを使って発信していたといわれています。

アメリカをも脅威にさらす中国製ドローン

軍事用ドローンで世界的に注目を集めているのは中国です。軍事用ドローンはアメリカ企業も開発していますが、ここにきて、それをおびやかすような製品が中国で作られました。

中国が開発したドローン、CH-4(彩虹4号)は単葉機のようでありながら、飛行高度は約2万kmで、最高速度は時速200kmともいわれています。

動力に太陽光エネルギーを使っていることもあり、バッテリーの持ちがいいことも特徴です。

中国がターゲットとするのはアメリカが輸出を規制しているヨルダンなど中東諸国。アメリカはこの広がりに戦々恐々としています。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 地政学の話』
著:荒巻 豊志

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「地政学」について分かりやすく解説した一冊。「地政学」とは、地理的な条件が国家の政治、経済、軍事に与える影響を研究する学問。歴史的背景も関わり、国内・世界中で起こっている諸問題解決の糸口となる、まさに現代に最も必要な知識である。ニュースではよくわからない国際情勢と世界で起こっている現状が見えてくる!