LOVE SPORTS

日本はなぜ、核兵器禁止条約に参加しないの??【地政学の話】

核保有国はわかっているだけでも9か国ある!

第二次世界大戦後、世界では核兵器の開発が進められてきました。冷戦時代に比べると数は減ったものの、威力を増しているのが現状です。

現在、核兵器を保有しているとされる国は9か国。内訳はアメリカ、ロシア、フランス、中国、英国、パキスタン、インド、イスラエル、北朝鮮です。

ストックホルム国際平和研究所の報告書によると、世界の核弾頭の保有数は、今後封印、解体されるものも含めて1万4000発以上になります。

唯一の被爆国としての日本の役割

世界で唯一の被爆国である日本は核兵器廃絶を訴え続けています。しかし、2017年国連で採択された核兵器の開発・使用を全面的に禁じる「核兵器禁止条約」に日本は参加していません。

この条約には120か国が賛成し、59か国が署名、50か国が批准しています。日本の不参加は被爆者団体や国際社会からも指摘され、被爆国として加わるべきであるといわれています。

日本が参加しなかったのは日本の安全保障のためにはアメリカの核兵器が必要不可欠であるからといわれていますが、会議に核保有国が参加しておらず、日本が提出してきた核廃絶議案が盛り込まれていなかったことが大きな理由です。

保有国が欠席のままの話し合いで核廃絶を進めるのは難しいという考えです。日本としては核保有、非核保有の両者が参加するG7や核拡散防止条約、包括的核実験禁止条約を通じて、核廃絶を訴えていく考えを示しているのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 地政学の話』
著:荒巻 豊志

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「地政学」について分かりやすく解説した一冊。「地政学」とは、地理的な条件が国家の政治、経済、軍事に与える影響を研究する学問。歴史的背景も関わり、国内・世界中で起こっている諸問題解決の糸口となる、まさに現代に最も必要な知識である。ニュースではよくわからない国際情勢と世界で起こっている現状が見えてくる!