LOVE SPORTS

あいさつ表現「行ってきます」「どこに行くの?」を覚えよう【動画で学ぶ やさしい手話】

Text:豊田直子

出かけるときに使う表現

行ってきます、いってらっしゃい・・・行くは目を合わせることで確認する。いってらっしゃいは、見送るように手を振って表現する。

気をつけてね・・・両手を上下にし、注意を促す表情で両手を体に引き寄せながら同時に握る。

出かけるときに相手に質問をする表現「何時に帰ってくるの?」「どこに行くの?」「忘れ物はない?/あるよ、大丈夫」

1.帰る・・・親指と他の4本の指を閉じながら、胸の前まで引いてくる。

2.時間・・・腕時計をイメージして指差す。

3.いくつ?・・・右手のひらを上に向け、親指から順に折り曲げる。

1.行く・・・人差し指を下に向け前に出す(たずねる表情をする)。

2.どこ?・・・右手の人差し指を立て、指先を左右に振る。

1.忘れる・・・右手をこめかみの横で握り、手を開きながら上げる(記憶が頭から抜けるようなイメージで)。

2.ない?・・・両手のひらを前に向け、クルッと手首を反転させる。

1.あるよ・・・カバンの中に入っている荷物のある場所に手をおく(動画では一般的なパターンで体の前に”ある”と表している)。

2.大丈夫・・・左手を右肩から左肩に移動させる(写真ではカバンを持っているので左手で表しているが、右手で表すときは左肩から右肩へ)。

出典:『動画で学ぶ やさしい手話』

【書誌情報】
『動画で学ぶ やさしい手話』
著:豊田 直子

まったくの初心者でもわかりやすい、オールカラーの写真とイラストで覚える手話の本。必要性の高い日常会話、基本会話は245のQR動画でも表現。また、あいさつ、買い物、食事、トラブル、交通、病気など状況に別解説し、新しい語彙を加えた豊富な手話単語集を収録。困ったとき、迷ったときに頼りになる手話入門に最適の一冊。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内