LOVE SPORTS

  • HOME
  • SPORTS LAB
  • 侍JAPAN監督/井端弘和が実践していた正確なスローイングに繋がる練習法とは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

侍JAPAN監督/井端弘和が実践していた正確なスローイングに繋がる練習法とは!?【少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」】

Text:井端弘和

教えて井端さん!守備で大事なのは「とにかくアウトに取る」こと

走攻守3拍子そろう井端弘和氏だが、特に守備はゴールデングラブ賞を7度も受賞したレジェンドである。「守備の基本」をどう考えているのか。

グラブに右手で蓋をする!

――井端さんは正確なスローイングに定評がありました。

井端弘和の答え

捕球した瞬間、右手でグラブに蓋をするイメージですね。捕るのと同時に右足が前に出ているから、捕球したグラブがヘソの位置から右肩あたりに自然と上がってくる。直後グラブの中で、つかんだ球の縫い目に指を滑らせ、握り直して送球する。ふだんから「グラブのポケットに球を叩きつけて握る」「球の縫い目に人差し指と中指を垂直にかける」練習を繰り返していました。

井端弘和のスローイング

井端弘和のスローイング『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』
井端弘和のスローイング2『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』
井端弘和のスローイング3『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』

【出典】『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』 著:井端弘和

【書誌情報】
『少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」』
著:井端弘和

少年野球 デキる選手はやっている「打つ・走る・投げる・守る」

侍JAPANの日本代表監督、井端弘和氏が指導する少年野球の基本的プレー解説書。野球の根幹になる「打つ」「走る」「投げる」「守る」の4つのプレーに関して、初級・中級・上級の難易度別にステップアップできるよう写真とイラストで丁寧に解説します。世界を代表する選手も、日本の部活でプレーする選手も、この4つの基本に関して特別違うことをするわけではありません。確実にプレーを習得しステップアップしていくことで、世界レベルの基本に迫れます。「教えて井端さん」の野球コラムも章ごとに掲載。少年野球をプレーする生徒、指導者にとって、基本を見直したり、知ってるようで知らなかったプレーを見直す、必読の一冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事