LOVE SPORTS

お札・お守り・おみくじ・絵馬・御朱印の 正しい扱い方【神社の話】

お札・お守り・おみくじ・絵馬・御朱印の 正しい扱い方

神社から参拝者に授与されるものは大きく分けて2種類ある。神札類と縁起物である。神札類は神様の霊威が宿っているもので、神札(お札)やお守りがこれに当たる。これらはいわば神様の分身なので、不浄な場所に置いてはいけない。神札は神棚に祀るか、目線より高く清浄な場所にお祀りする。できれば南向きか東向きに奉安する。お守りは身につけるようにした神札なので、身近なもの(衣服や鞄など)につけておけばよいのだが、汚しやすいので注意が必要。おみくじ・絵馬などの縁起物には霊威は宿っていないが、神様からの授かりものなので粗末にしてはいけない。

おみくじは本来いただいて帰るものであるが、悪い内容であったり、縁結びの願掛けをする時は、境内の指定の場所に結んでいく。絵馬は奉納するのが本来のあり方。しかし、記念にもって帰ってもかまわない。

絵馬は奉納するのが本来のあり方。しかし、記念にもって帰っても かまわない。御朱印は参拝の証なので、参拝を終えてからいただくのが原則。神社の印が捺されているので神札に準ずるものということもでき る。穢れのない場所で保管しよう。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 神社の話』
著: 渋谷申博

「神社には、どんな神様がお祀りされている?」「鳥居や狛はどんな意味がある?」「犬や猫の神社があるってホント?」 素朴な疑問で神社のディープな魅力がわかる! 知っておきたい神社のキホンら、イザナギ、イザナミ、アマテス、スサノオ、オオクニヌシなど、神社に祀られている祭神のこと、お祭りと神社の関係まで、神社と神様まつわる知識をイラスト・図とともにやさしく解説ました。金運や縁結び、長寿など、さまざまな願いをかなえる最強の開運神社も紹介。超絶景の神社もわかります。神社のキホンを知れば、神社参拝が楽しくなる! 神社巡りのお供に最適。ユルくてかわいいイラストもお楽しみください。