LOVE SPORTS

お金を育てられる土壌をしっかりとつくる方法とは?

お金の果実を実らせるには「間引き」も必要

お金を引き寄せることは、農業とよく似ています。いい農家さんは、土を耕すことに一番、手間ひまをかけると言われています。土は大地のエネルギーであり、作物を育む土壌です。私たちに置き換えると、土壌は自分自身。「自分を耕す=魂を磨く」ことですから、農業と同じく、まずは自分の土台である魂を磨くことを最優先しましょう。どんなにいい種や苗を持っていても、土に栄養がなければ育ちません。腐った土に何を植えても作物は実らないのです。

耳ふかふかの土が完成したら、はじめて種を植えることができます。このとき、土からの栄養を集中させるためには「間引き」をして、不要な因子を摘み取らなければなりません。「もったいない」と思ってしまうかもしれませんが、本来、育てたいものに栄養を集中させるためには、余計なものを省くことが一番なのです。

エネルギーロスを省くことで、はじめて「作物=お金」が収穫できます。私たちに置き換えると、「種=自分が集中できるもの、追求したいこと」です。最初はあれもこれもと植えてみたくなるものですし、実際に試してみるのもいいでしょう。でも、継続する上で何にエネルギーを集中させるか、見極めなければいけないとき
が必ずやってきます。「継続こそ金なり」、私はそう、提唱しています。お金を増やしていく、ビジネスを成功させていくには、3年、5年、10年と、長いスパンでお金を育てられる土壌をしっかりと作ることが大切なのです。その間に、たくさんの汗も流れるでしょう。切り捨てないといけないことも出てくるかもしれません。しかし、肥沃な土壌ができれば何を植えても実ります。その土壌を人に貸し出すことで、また新たな開発ができるかもしれません。不労所得にも成りえるわけです。

人生は選択の連続です。限られた時間の中で、誰と付き合うか、何に集中するかを常に意識しながら、お金と向き合っていきましょう。

【書誌情報】
『お金の引き寄せ方は魂だけが知っている』
著者:愛新覚羅ゆうはん

「お金持ち×スピリチュアル」の秘密を大公開!時代がこんなにも大きく変わり始めているのに、お金に対する価値観や引き寄せ方だけは、いまだにバージョンアップされずに古いままになっていませんか?これからは「魂でお金を引き寄せる時代」です。魂からのメッセージに耳を傾け、魂が喜ぶことをしていば、お金はおのずとついてきます。本書では〝魂ファースト”で生きる方法をお伝えします。