LOVE SPORTS

ゴルフはボールをどこに飛ばすゲームだと考えていますか?

ゴルフは前を向いて横に打つゲーム

みなさんはゴルフはボールをどこに飛ばすゲームだと考えていますか?

答えの選択肢を3つ用意しましょう。1「横に飛ばすゲーム」ですか? 2「正面に飛ばすゲーム」ですか? それとも3「背中に飛ばすゲーム」? もし2の「正面に飛ばすゲーム」だと答えた人は、おそらく体を開きながらボールをとらえていることでしょう。つかまりが悪かったり、ミスショットが多かったりしませんか?

ゴルフのアドレスはターゲットに正対しているわけではありません。ターゲットは自分の横にあり、そこに向かってボールを打つのがゴルフです。要するに前を向いて横に飛ばすのがゴルフというゲームなのです。

自分の正面に向かってボールを飛ばすのはボーリングの感覚ですが、プロゴルファーはそういうイメージは持っていなくて、むしろ背中の方にボールを飛ばすイメージでプレーしています。極端な話、背面打ちのような感覚があるのです。

実際問題として、ほとんどのアマチュアは体が開いてしまいますが、それは「横に飛ばす」というイメージがないからで、正面に飛ばそうとするあまり体が開いたり、打った後にフェースを開いて左に飛ばさないといった調整が必要になってくるのです。

ですから、うまくいかない場合は背面打ちのイメージで打ってみることです。バックスイングしたら、ターゲットに向いている背中の向きをそのままにして腕だけ振り下ろして打ちましょう。こうして体を開かずに打つスイングを体感することが、上達への第一歩となります。

また、連続打ちも効果的です。足踏みしながらボールを打つことで、体が開かず、前を向きながら横に打つスイングの本質的部分を覚えることができます。

【書誌情報】
『ゴルフは直線運動(スイング)で上手くなる!』
著者:三觜喜一

本書の著者は、ゴルフスイングについて「簡単に言ってしまうと直線運動ということ。回転する部分もあるが、直線イメージでとらえることで、スイングはシンプルになる」と言う。そこで、この本では、「スイング=直線運動」に基づいた体の動かし方を学ぶドリルをはじめ、アドレス、グリップ、そしてスイングの具体的な直線動作をわかりやすく解説。また、著者の指導現場で連携しているトレーナーとスイングと体の動きについて対談。スライス、ダフリといったミスショットの具体的な修正法も収録した。