SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

ホークスが主力を欠いても勝ち続けられる要因とは!?

Text:福嶌弘

10月に狙いを定めてペナントは慣らし運転!?

まさに「圧倒的」という表現がぴったりだった2019年の日本シリーズ。令和初の日本一となったソフトバンクは5年ぶりにセ・リーグを制した巨人を“スイープ”の4連勝で粉砕。19年ぶりとなる顔合わせは、あまりにあっさりと幕を閉じた。

これでソフトバンクは2015年以降の5年間で4度の日本一に輝き、この間のポストシーズンの通算成績は38勝12敗1分、勝率.760と文字通り圧倒的な好成績を残している。 過去4年間はレギュラーシーズン中も主軸が盤石の成績を残し、ポストシーズンに進出しても彼らが無類の勝負強さを発揮してきたが、昨季の場合、ポストシーズンまで向かう道のりは決して平坦ではなかった。

開幕早々に主砲の柳田悠岐が右足の肉離れで長期離脱を余儀なくされ、その2日前にはグラシアルが左脇腹痛でリタイアして約1カ月の戦線離脱。他にも長谷川勇也、中村晃らの主力に故障が頻発。さらに昨季ブレイクを果たした上林誠知は開幕から打撃不振に喘いで、シーズン打率は1割台に終わってしまった。

野手以上に深刻だったのが投手陣。和田毅、東浜巨、石川柊太らが戦線を離脱した先発はエースの千賀滉大と高橋礼以外はローテーションを組むのもままならず、シーズン100イニングを超えたのはこの2人に大竹耕太郎を加えた3人だけ。ブルペンではサファテが今季も全休し、2年連続で森唯斗がクローザーを務めることに。昨季好調だった加治屋蓮は防御率6.00と大乱調に陥るなど、各選手のシーズン成績だけを見たら、日本一どころかよくポストシーズンに進出できたなと思うほどのレベルだ。

通常なら主力選手が故障で戦線を離脱すると途端に成績を落とすものだが、ソフトバンクは違った。故障者が頻発した4月ですら勝ち越して首位に立つと、6月には交流戦優勝を果たし、前半戦は2位日本ハムに7ゲーム差を付けて首位で折り返した。この時点で柳田悠岐は1軍に戻っておらず、グラシアルもキューバ代表に召集されて戦線から離れているなど、決してベストメンバーではなかったが、それをカバーするかのように野手では福田秀平や周東佑京らのスーパーサブが台頭し、そして投手では髙橋純平、松田遼馬らがブレイク。控え選手の層の厚さが主力を欠いても勝ち進む要因となったのは間違いないだろう。

『がっつり!プロ野球26号』1月30日発売!!

「がっつり!プロ野球26号 開幕前の大予習号!!」

『がっつり! プロ野球』開幕待ちきれないぞ号!
新戦力から開幕予想布陣まで完全網羅!!【12球団最新戦力ガイド2020】
奥川恭伸、佐々木朗希、森下暢仁・・・ルーキーの実力は如何に?
筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊・・・日本人メジャーリーガー3人は成功できる!?
移籍選手は2年目以降に飛躍する!?
根尾、藤原、小園・・・超有望株の今季を予想!!
どこを切ってもディープな話題を「がっつり!」濃縮!!
開幕前に、皆さんで12球団を大予習!!

≪20年シーズン戦力を徹底分析!!≫
■今季の見どころ、要注目選手、予想布陣が一目で分かる!!
■新戦力&主な退団選手が一覧表に!!
■みんなでカウントダウン!今季達成期待の記録を解説!!

≪スペシャルインタビュー≫
掛布雅之 ミスタータイガースの語る阪神優勝のカギは?
中村剛也(西武)球界最高の長距離砲
藤原恭大(ロッテ)結果にこだわるプロ2年目
福田周平(オリックス)チームリーダーが語る5年先
村上雅則 メジャーリーグデビュー秘話

≪特注ラインナップ≫
■戦力外選手の現在地
■新人王は誰の手に!?
■数字で検証! 山田哲人はどこまで行く?
■ライターが独断で選出!「俺の侍ジャパン:東京五輪編」
■助っ人外国人列伝「キューバ編」
■12球団ファンクラブ評論家、長谷川晶一が球団に直撃取材してきた!~オリックス・バファローズ編~
■野球居酒屋放浪記~大阪編~
■2020プロ野球「契約更改を斬る!」
■今季はこんな活躍が見れる!!「日本人メジャーリーガー2020」
■「野球で、人を救おう」プロ野球界とチャリティーの在り方
■2020注目ルーキーの意外な素顔
■球界の新トレンド「オープナー」候補はこの選手!!
■阪神タイガース15年ぶりのVへのカギは?
その他、注目トピック満載!!

【連載コラム】
スタジアムDJケチャップ「野球が好きだ!」
氏原英明「ちょっとこの話、聞いてください」
川崎憲次郎「しらしんけん」
古田ちさこ「カープ女子の流儀」
キビタキビオの「プロ野球を計りまくれ!」
【マンガ】
「もぎたて甲子園」ポテチ次郎
「赤ファンのつぶやき」野村宗弘