SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

2020年7月10日。有観客での開幕日のスタジアムの雰囲気【プロ野球観戦記】

Text:あもあもだいち

「人が少ない」

 全てが例年とは違うスポーツ観戦。プロ野球を中心に年間40試合以上を現地観戦するライターが、このコロナ禍での観戦状況をレポート。
 第2回は「7月10日。有観客での開幕日」。

 7月10日。有観客での今季開幕戦は阪神タイガース×横浜DeNAベイスターズ(甲子園)のチケットを確保。東京から大阪へは、新幹線で移動。一人旅のため、声を発することなくマスクを着用し、youtubeを見ながら移動。

 新大阪に着いてみて、真っ先に思ったことが。

「人が少ない」

 毎年、野球、サッカー、競馬を見に大阪へ来ていたが、初めて見る光景だった。外国人観光客がいない!!…のは分かるのだが、日本人でキャリーバックを持っている人の少なさ!!には驚いた。ラッシュ時でないとは言え、電車も座れるほど空いていた。

 コロナの影響の大きさを痛感しながら、チェックインするためにホテルへ向かう。ホテルへ到着してチェックイン後、必要な荷物(カメラ)を持って開門に間に合うように甲子園へ。

いつもの活気が・・・

 プレーボール2時間前から開場するので、その10分前に甲子園に到着。しかしいつもの活気がない。

 開門まで2時間もあるから、人が少ないのは当然かとも思われる。だが通常であれば、2時間前でも人が多く、チケットを発券する人の列や、入場待ちのファンが甲子園を囲んで、各々のゲートで待っていて活気があるのだ。

 今回はすぐに発券できたうえ、5分前に入場ゲートで待機することが出来た。ざっと数えたが、僕の入るゲートで入場待ちをしている人は15人にも満たなかった。

 それから、すぐに開門するためにスタッフが待機列を作り、誘導を開始。スタッフがソーシャルディスタンスを保つよう常に案内していた。

 スタッフはマスクと手袋をしての対応。チケットはもぎる必要性を失くし、チケットに記載のあるバーコードを読み取っての確認。その後、検温。

 検温も無事通過し、スタンドへ。座席配置は1列に2人。アルプス席の販売はなく、内野と外野のみの配置であった。入場して自分の座席を見つけ、練習を見ていてちょっとビックリすることが。

 売り子がいる!!他球場では売り子を出さないと発表している球団もあったので、甲子園も居ないものばかりだと思い込んでいた為なのだが。売り子も当然、マスク、手袋をしていた。ただ売り子の為にフェイスシールドがあった良いのではと思う。

 入場した観客を見ていると、大人しかいない!! ちょっと考えれば、それも納得なのだが。例え家族でもあってもソーシャルディスタンスを取った観戦となるため、当然隣同士に座ることが出来ない。 そうなると、小さい子供との観戦は難しく、ある一定の年齢に達しないと無理だなと言う事だ。

帰りの電車でも・・・

 さて試合が開始。鳴り物、声を上げての応援は出来ないとの事前発表通りで、横浜DeNAベイスターズの攻撃時は静かなものだった。ホーム阪神タイガースの攻撃時には、事前に録音してあった各選手の応援テーマを流す演出。 いつもと変わらないような雰囲気作りがあった。

 しかし自分としては、今しか味わうことができない、打球音や選手の声が聞こえる観戦を望んでいたので、少し残念だった。

 試合は雨の為、5回降雨コールドで阪神の勝利で終わり、混雑を避けるために少しゆっくり目に球場を後にした。

 帰りの阪神電車でも人の少なさを感じざる得ない出来事が。いつもなら、ギュウギュウとまでではないにしても、かなりの混雑なのだが、今回はすんなり座れてしまった。5000人と言う人数は思っている以上に少ないな、という感想を球場外でも抱いた有観客開幕日であった。