SPORTS COLUMN
- スポーツの話題を毎日更新 -

藪恵壹が語る逆シングルの捕球が苦手な選手に多い利き目とは!?

Text:鈴木長月

意外と知られていないけど、実はみんな意識している!?プロ野球選手の利き目って?!

その成否にも実は多大な影響を及ぼす選手の〝利き目〟。OBが明かすプロ野球での実態とは!?

効き目が影響するのは打撃だけではない!

よくよく観察すれば、投手の仕草や内野守備からでも、利き目の見当はおおよそつくと、藪氏は言う。「投手でいちばん困るのは牽制のとき。右投手で利き目も右だった場合は、普通にファースト方向を見ようとしても、ランナーが視界に入らない。実際、僕がコーチだったときに阪神にいた(ジェイソン・)スタンリッジや鄭凱文あたりは、まさにそのタイプでしたね。ランナーがファーストでも、彼らの視線は無人のセカンド。端からは奇異な光景ですけど、当の本人たちは大マジメに『そうしないと見えない』と言っていましたよ。もっともこれらは一長一短で、僕みたいな左が利き目の右投手だと、大きめのリードを取られた途端にランナーは消える。セカンドなんて、プレートを外さないとちゃんとは見えませんからね(笑)」

では、野手の実際はどうか。藪氏によれば、とくに違いが顕著に出るのが、要でもある二遊間だ。「たとえば、ショートの利き目が左だと、必然的にサード方向に飛んだ打球は追いづらい。なので逆シングルの捕球が苦手な選手は、だいたい利き目が左なことが多いはずです。反対にセカンドの場合はそれが今度は逆になる。見え方がそもそもまったく違うんですから、仮に両者でコンバートをしても、得手、不得手が出てしまうのは当然ですよね。ちなみに、当時サードだった新井貴浩も利き目は左。守備に就くときの彼が身体そのものを3塁側ベンチのほうに向けて構えていたのも、利き目でボールをよく見るためです。そうやって見ていくと、ふだんの野球もまた違った見方ができますよね」

出典:『がっつり! プロ野球(28)』

『がっつり!プロ野球(30)』12月13日発売!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内