SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

坂詰式ストレッチは10秒1セットでも効果あり!

一般的なストレッチのガイド本では、一つのポーズに30秒キープと記述されることが多いのですが、本書はたったの10秒でもOK。時間に余裕があれば、10秒伸ばしたら脱力して一呼吸おき、再び10秒伸ばして一呼吸、さらに10秒伸ばすというように3セット行うことをおすすめします。実際にやってみると、体は1回目よりも2回目、2回目よりも3回目と少しずつ柔らかくなっていくことに気づくでしょう。ストレッチは、筋トレや有酸素運動と違って、行った直後からすぐに効果が現れる運動だからです。

ここでなぜ10秒でよいのかの理由をお話しします。筋肉は自分自身で伸びることができないため、ストレッチではほかの筋肉の力を使ってターゲットとなる筋肉を伸ばします。30秒も同じ姿勢をキープしていると、伸ばすために使う筋肉が徐々に 疲労し、やがて全身が緊張しやすくなってしまいます。その点、10秒だけならそのポーズを作るための疲労は最小限で、リラックスしたまま行うことができるのです。ストレッチを継続して柔軟性が高まってくると、あまり強い力を使わずともポーズを作れるようになります。その場合は、疲労を感じない範囲で15秒、20秒と時間を伸ばしてください。もう一つ、忘れてはならないのは、息を止めずにストレッチすること。ゆったり息を吐きながら行うと、体がリラックスモードになり、筋肉は気持ちよく伸びます。

【書誌情報】
『世界一すごいストレッチ』
監修:坂詰真二

1日たった10秒でモデルのような美しい姿勢が手に入る!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、効果絶大な“世界一すごいストレッチ”を大公開!「太りやすい」「なんか最近疲れやすい」「実年齢よりも老けて見える」そんな人はその姿勢に原因があるかもしれません。雑誌やテレビで活躍するモデルさんなどがそうですが、パッと見で全身がキレイに見える人はただ単に痩せているから、というわけではなく、“姿勢”がとても整っています。デスクワークやスマホの普及などにより、下を向く機会が増えたことで、うしろ姿が猫背姿勢になっている方は多くいます。本書では、1日10秒で効果絶大な、姿勢が良くなる“おなか”と“胸”を同時に伸ばせる究極の時短ストレッチを紹介します!姿勢が良くなることで見た目にオーラが漂うだけでなく、健康面でも様々なメリットがあるほか、太りにくいカラダも手に入ります。さらにカラダが無理なく伸ばせるのでとても気持ちよく、リラックス効果も抜群です。どこでも簡単にできるたった10秒のストレッチ効果を、ぜひ体験してみて下さい!