SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

鍛える順序によっても筋トレの効果が変わる!

数種類の筋トレを行う場合は、最も効率よく鍛えられる順序があります。まず着目すべきは筋肉の大きさ。

下半身のように大きい筋肉ほどたくさんのエネルギーが必要なので、後回しにしてしまうと十分鍛えることができません。まずはエネルギーの充実しているうちにしっかりと鍛えるのが正解です。

上半身の中でも、背中の広背筋や胸の大胸筋は大筋群、腕の上腕二頭筋や上腕三頭筋は小筋群です。この場合もやはり、強い力を出し、動きも大きい大筋群を先に鍛え、そのあとで小筋群をトレーニングするのが効率的です。

一方、腹筋や背筋など体幹の筋肉は、小さい動きなのでそれほど多くのエネルギーを要しないということもありますが、もうひとつ大事なポイントがあります。これらには、上半身や下半身など、他の部位のエクササイズを行っているときにも正しい姿勢を保つという重要な役割があるのです。

体幹の筋トレを先に行って疲労させてしまうと、そのあとに上半身や下半身のエクササイズをしてもベストポジションをキープすることが難しくなります。そのため、体幹の筋トレは最後に行わなければなりません。

基本的には下半身、上半身、体幹の順で鍛え、部位別には大筋群、小筋群の順に行うと覚えておきましょう。

【書誌情報】
『世界一引き締まる6回腹筋』
著:坂詰真二

たった6回からの腹筋でお腹が劇的に引き締まる!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、世界一効く“腹筋”を大公開!色々なダイエット法で痩せた! という人は多いのではないでしょうか。でも、なんだかモデルさんのように引き締まっていない…。そんな人は本書の腹筋をぜひ試してみて下さい。1セット6回からという少ない回数で超時短でありながら、狙いたい筋肉をピンポイントで鍛えられる最高効率のトレーニングで、筋肉に適度な厚みを出し、カラダにメリハリを作れます。また、本書では腹筋だけでなく、下半身から上半身まで、メリハリを出すのに欠かせない部位別にトレーニングを掲載。ぽっこり下腹、寸胴ボディ、気になる腰肉などが解消し、健康面でも様々なメリットがあるほか、引き締まった太りにくいカラダも手に入ります。さらに日常生活で役立つ「ストレスマネジメント法」や「メンタルコントロール法」のほか、太りにくい「食事コントロール法」などボリューム満点の内容です。ぜひ最短距離で魅せるカラダが作ってみて下さい!