SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

過不足のない小学生時代の食事内容にリセット!

食事を減らす前、過不足のない栄養バランスのとれた食事を目指しましょう。理想的なのは、主食(米やパンなどの炭水化物)、主菜(肉、魚などのたんぱく質)、副菜(野菜などのミネラル、ビタミン)、汁物(水分)がそろっている食事です。

ほとんどの人が、小学生くらいまでは家庭や学校給食でこういった食生活を送っていたはず。そのかつての食事にリセットすればいいのです。

中・高校生になると様々なダイエット情報に影響されて食事のバランス、つまり栄養のバランスが崩れがちです。そもそも成長期のダイエットは危険ですし、ダイエットの大敵とされる脂質も糖質も体には必要な栄養素なのです。いけないのは過剰に摂りすぎること。例えば、焼きそばパンやうどん+いなり寿司のような食べ方は炭水化物過多に。肉も魚も同時に盛られた外食メニューも高たんぱくに偏り過き。流行するダイエットの多くは、栄養が不足したり偏りがちな不健康なものです。

大切なのは食事のバランスを整えること。どの食品、栄養素も極端に減らしたり、摂り過ぎたりしては健康にも美容にも良い結果をもたらしません。1回の食事が「主食、主菜、副菜、汁物」で構成されているか、そのことに常に気を配るようにしましょう。体調が整い、カロリーの取り過ぎも改善されるはずです。

【書誌情報】
『世界一引き締まる6回腹筋』
著:坂詰真二

たった6回からの腹筋でお腹が劇的に引き締まる!『世界一やせるスクワット』の監修者が教える、世界一効く“腹筋”を大公開!色々なダイエット法で痩せた! という人は多いのではないでしょうか。でも、なんだかモデルさんのように引き締まっていない…。そんな人は本書の腹筋をぜひ試してみて下さい。1セット6回からという少ない回数で超時短でありながら、狙いたい筋肉をピンポイントで鍛えられる最高効率のトレーニングで、筋肉に適度な厚みを出し、カラダにメリハリを作れます。また、本書では腹筋だけでなく、下半身から上半身まで、メリハリを出すのに欠かせない部位別にトレーニングを掲載。ぽっこり下腹、寸胴ボディ、気になる腰肉などが解消し、健康面でも様々なメリットがあるほか、引き締まった太りにくいカラダも手に入ります。さらに日常生活で役立つ「ストレスマネジメント法」や「メンタルコントロール法」のほか、太りにくい「食事コントロール法」などボリューム満点の内容です。ぜひ最短距離で魅せるカラダが作ってみて下さい!