SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アマチュアゴルファーが伸び悩む大きな理由とは!?【「圧力系」インパクトの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

アマチュアゴルファーが伸び悩む大きな理由

アマチュアゴルファーには、クラブを担ぎ上げるようなバックスイングが多く見られますが、これが上達を妨げる大きな要因だと言えます。スイングプレーン通りにクラブを振ると、バックスイングの途中でクラブが視界から消えてしまいますし、再び現れるのはダウンスイングでシャフトが、地面と水平に戻るぐらいのタイミングなので「目に見えない」という不安から、アウトに上げてアウトから下ろすというスイングになりがちなのでしょうが、これだと本当の意味での上達はありませんので、修正することをおススメします。

ここでアドレスからの動きをおさらいしておきましょう。クラブが8時の位置に上がってから、左手のタテコックと右腕のローテーションが入り、シャフトが地面と水平の9時のポジションではフェース面が前傾角度と一致します。そこからさらに右腕の外旋と右手首のベンディング(曲げ)が入ってクラブがアドレスのポジションから完全に上下反転し、クラブが寝た状態でトップオブポジションを迎えます。

切り返しはすでにお話ししたように、左サイドでクラブを引き下ろすのですが、右上半身だけはついていかずにクラブが寝た状態をキープします。ここが難しいところで、右手・右腕だけの動きにフォーカスすると、右ヒジよりも後ろに右手がくる状態になっています。 前傾しながらその状態を作らなければなりませんが、柔軟性がないと不可能と言えるでしょう。

●オンプレーンのバックスイングを作る
クラブをスイングプレーン上に上げるためにはまず、アドレス時のシャフトを含む平面(シャフトプレーン)を意識し、背中側にもその平面が続いていることを意識する。その平面をなぞるようにクラブを上げていこう。トップオブスイングではクラブが平面からあまり離れず、平行関係に収まるようにするのが理想。


●オンプレーンのダウンスイングを作る
シャフトプレーンと平行関係にあるトップオブスイングからクラブをプレーンに乗せるには、切り返しで右の上半身を脱力するのがコツ。左への回旋についていかず、右手、右ヒジ、右肩が脱力することでクラブが倒れている状態をキープすることができる。


できていると仮定した上でこのときの状態を説明しますと、まず①右手人差し指の付け根が支点となってクラブを支えています。このとき②右手首には角度があって、それらの負荷を③右胸郭と④右肩甲骨で支えているのです。これら①から④がダウンスイングでは連動するのですが、まずはそれぞれに負荷がかかっていることを自覚することが大切です。

 人差し指にクラブの重みがかかっているな、右手首にもかかっているな、右胸が開いて、右肩甲骨で腕とクラブの重みを支えているな、と自分で確認してください。

 負荷がかかっていると記憶しやすくなりますので、アドレスからそのポジションまで持っていく練習を繰り返しましょう。
 おそらく日常生活で手と腕がこの状態になることはありませんから、柔軟性がない場合は柔軟性を作ることから始め、できるようになったら、つねにそのポジションを作れるように練習あるのみです。

 実際にはこのポジションを作れるアマチュアゴルファーは非常に少なく、クラブがシャフトクロスに上がってしまうことがほとんどです。もちろんそれでも打てますし、変則打法を極めれば70台でも回れるのですが、私が知る限りハンデキャップ6、7ぐらいで上達が頭打ちになってしまいます。 競技ゴルフでいくら頑張っても2、3の人には勝てず悔しい思いをしている人は少なくないでしょう。

●右上半身の動きをチェック
右胸が開いた状態から左下半身のリードで切り返した直後に、①右手人差し指②右手首③右胸郭④右肩甲骨の4点に負荷がかかり、クラブを支えているかをチェックしよう。


●柔軟性をチェック
ダウンスイングでクラブを背中側にキープするには、右上半身の柔軟性が必要になる。まっすぐ立った状態でトップオブスイングの右腕の形を作ってみよう。このとき右ヒジよりも右手が後ろにくればOK。そのまま前傾姿勢をとれば実際のスイングの右腕の形になり、なるべくこの形をキープして下ろす。


【書誌情報】
『70台は楽に出る!「圧力系」インパクトの作り方』
著者:阿河徹

ボールがクラブフェースにきちんと当たる確率を高め、飛距離が十分出る― そんなスイングを実現するため著者ススメているのが「圧力系インパクト」。小さなバックスイングで強いインパクトを実現する。本書では、このインパクトの作り方を写真を数多く用いて解説。70台のスコアも可能にする、ゴルファー待望の一冊だ。