SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

トップは止まるポジションではなく切り返すポジションと考えるべき理由とは?【見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方/阿河徹】

Text:阿河徹

トップポジションは止まるポジションではなく切り返すポジション

◎トップでは止まらずに切り返し位置と考える

●切り返しのためにトップで静止しているように見える
バックスイングで、クラブと腕を振り上げていく最終地点がトップポジションになります。

最終地点と言いましたが、トップポジションは、静止する場所ではなく、スイングの一連の運動として捉える必要があります。

ゴルフは、トップで一度止まってから「せいの」で打つ競技ではなく、連動した動きの中で、トップで「間」が作られているだけなのです。

スイングは、トップから切り返され、ダウンスイングへと進みますが、切り返し時に先に動き出すのはクラブではなく体、それも下半身です。下半身が動いたあとに上半身が動き、最後にクラブです。

この時間差が生まれるために、トップで静止しているように見えるというのが正しいでしょう。

もちろん個人差はありますが、メカニズムは知っておきましょう。

●条件を満たした中で深いトップを作る
理想的なトップポジションは、前傾角が維持され胴体がしっかり右回旋し、右の股関節に体重が乗っている状態を作った状態です。

これらの条件を満たした中で、深いトップを作りましょう。

●左ヒジが曲がらないように意識しよう
トップのベストなポジションを知るために、左腕だけでクラブを持ち右手で押さえながらバックスイングをします。

左ヒジが曲がらないように意識し、体を右回旋させていきましょう。

個人差はありますが、左腕が耳の横まで上がった位置を目安にすると良いでしょう。

出典:『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』/著:阿河徹

【レッスンプロ情報】
●阿河 徹
ツアープロコーチ。東北高校ゴルフ部コーチ。レッスン歴19年。サンディエゴゴルフアカデミー卒業。米国ゴルフ留学時にデーブペルツショートゲームスクール、アズメディアゴルフスクールなどでゴルフ理論を学ぶ。現在はトップクラスのゴルフ理論とコーチ経験で、藤本佳則、塩見好輝、森田遥、宮里美香などトッププロのスウィング指導を行う。NTTドコモのゴルフアプリ「GOLFAI」の開発監修も担当。東京都世田谷区の井山ゴルフ練習場でアマチュアゴルファーのレッスンも行っている。

【書誌情報】
『見るだけで劇的に上手くなるスイングの作り方 飛ばない、曲がる、安定しないをスッキリ解決!』
著者:阿河徹

アマチュアゴルファーの多くは、球数を多く打てば、あるいはラウンド経験を積めばゴルフが上手くなると思っている。 しかし、スイングに致命的な欠陥がある限り、スコア100を切ることはあっても、コンスタントに90を切ることは到底できない。 そこで本書は、ゴルファーにスイングの根本的な問題を認識してもらい、正しいスイングのメカニズムを理解することからスタート。そのポイントとは「クラブヘッドとグリップエンドの入れ替え動作」。なぜショットが飛ばないか、曲がるのか、スイングが安定しないのかを解決する方法を、このポイントをテーマに写真とQRコード付動画で具体的に解説する。 また、上達に直結する練習ドリルも数多くのカラー写真を使ってわかりやすく紹介している。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内