SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

細胞には二通りの死に方がある!【病理学の話】

Text:志賀貢

アポトーシスとネクローシス

細胞にも寿命があり、死に方には「アポトーシス」と「ネクローシス」という2通りがあります。「アポトーシス」という細胞死は、語源的には枯れ葉などがぽろっと落ちるという意味で、管理、調節された細胞の死(自殺・自然死)をいいます。

ひっそり死んで、マクロファージによって貪食されていきます。人でいえば今流行やりの終活をきちんとして、細胞内の物質を使用可能な形に加工して放出してから死を迎えるのです。/p>

例えば、人の手や足の発生です。将来、指として残る場所以外の細胞が死んで、最終的に手の形になっていきます。アポトーシスがない場合には奇形が発生します。もともと手の発生プログラムがそのようにできているので、「プログラムされた細胞死」とも呼ばれます。

「ネクローシス」は「壊死」と同じ意味で、何らかの刺激によって細胞が傷ついた結果おきる細胞死のことです。

例えば、臓器へ十分な血液が供給されないような状態(虚血)では酸素が供給されずに低酸素状態になって臓器の細胞が死んでいきます。酸素不足によって、ある臓器の細胞が、肉眼的にみてもわかるほど大量に「壊死」に陥ったのです。臓器レベルでこの現象を「梗塞」といいます。

ネクローシスした細胞は、終活する間もなく死んでしまいますので、中身を周りにぶちまけます。この結果、炎症が生じます。つまり、壊死が生じると、「炎症反応」が生じます。白血球が動員されるのはこうした状態です。

最後は、白血球や組織にあるマクロファージ)が壊死した細胞や細菌を貪食して消化してくれるのです。

ほとんどの臓器では、梗塞がおきてしばらくすると固くなってしまうので、形態学的には「凝固壊死」といわれ、壊死巣が軟らかくなり溶けていく場合を「融解壊死(液化壊死)」といいます。

ほとんどの臓器は凝固壊死をおこしますが、唯一、脳は梗塞が融解壊死を引きおこします。「脳軟化(脳梗塞)」といわれるのはそのためです。

死に方もずいぶん違いますが、もうひとつ大きな違いは、「壊死(ネクローシス)」は病的な状態でしか生じませんが、「アポトーシス」には病理的なものだけでなく生理的なものもあるということです。

細胞の寿命は骨細胞でおおよそ10年、筋肉細胞で6ヵ月〜12ヵ月、赤血球で3〜4ヵ月、皮膚細胞で20〜30日、消化器上皮細胞はなんと1日です。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 病理学の話』
著:志賀 貢

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「病理学」について切りこんだした一冊。病理学とは「病(気の)理(ことわり)」の字のごとく、「人間の病気のしくみ」です。コロナウイルスが蔓延する中で、人はどのようにして病気になるのかが、改めて注目されています。細胞や血液、代謝や炎症、腫瘍、がん、遺伝子などと、人体のしくみ・器官、食事を含む生活、加齢などさまさまな環境との関連から、「病気」を解明するもの。専門書が多いなか、病気とその原因をわかりやすく図解した、身近な知識となる1冊です。