SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

医療の最先端!進むiPS細胞の臨床研究【病理学の話】

Text:志賀貢

iPS細胞とES細胞の違いを知る

「iPS細胞」を開発した山中伸弥教授は2012年、ノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

iPS細胞とは、日本語では「人工多能性幹細胞」といいます。「多能性」とは、いろいろな細胞になれるという意味で、「幹細胞」とは、いくらでも増えることができて、他の細胞になることもできるという意味です。

つまり、iPS細胞は、自分の皮膚からつくることができ、いろいろな細胞になることができ、いくらでも増やせる万能細胞、ということです。

どんな細胞でもつくれるのだとしたら、角膜や脊髄、臓器などを損傷した人に、新しい体の部位や臓器を提供してあげることができます。これほど素晴らしい再生医療はほかにありません。

私たちはひとつの受精卵という細胞から誕生しています。

その受精卵がどうやって、手や足といった細胞に分化していくのかを研究し、受精卵で活発に働いている遺伝子の細胞を初期化することに山中教授は着目したのでした。

つまり、おおよそ2万1千個もある遺伝子を細胞4個の遺伝子に絞り組み込むと、細胞が初期化されて、いろいろな細胞になれる多能性幹細胞ができたということです。それこそがiPS細胞でした。

iPS細胞によく似た幹細胞に「ES細胞」がありますが、決してES細胞が性能的に劣っているわけではありません。ES細胞は「胚はい性幹細胞」といい、「胚」とは受精卵が6、7回分裂したときの細胞のことで、胎児になる少し前にあたります。

したがって、胚は胎盤以外であれば、何にでもなれる多能性を持っていますが、そのまま子宮に戻せば子どもになる可能性のある存在をバラバラに分解して使用するので、倫理的な問題がどうしても生じます。また、ES細胞は固有のDNAを持っているため、体の免疫機能が働いて拒絶反応を示します。

一方、iPS細胞は、本人の細胞を初期化して多様性を持つ幹細胞をつくりだしています。自分の細胞を使うので、正確に初期化できれば、DNAは完全に一致することになり、拒絶反応がおこる可能性はほぼありませんし、iPS細胞は成長した細胞を使っているだけなので、倫理面でも問題はないわけです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 病理学の話』
著:志賀 貢

シリーズ累計発行部数150万部突破の人気シリーズより、「病理学」について切りこんだした一冊。病理学とは「病(気の)理(ことわり)」の字のごとく、「人間の病気のしくみ」です。コロナウイルスが蔓延する中で、人はどのようにして病気になるのかが、改めて注目されています。細胞や血液、代謝や炎症、腫瘍、がん、遺伝子などと、人体のしくみ・器官、食事を含む生活、加齢などさまさまな環境との関連から、「病気」を解明するもの。専門書が多いなか、病気とその原因をわかりやすく図解した、身近な知識となる1冊です。