SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ポジショナルプレー実践時、正方形のプレーはなぜ難しいのか!?【ダイヤモンドオフェンス】

Text:坂本圭

正方形やトライアングルではなくダイヤモンドである理由

●4対2正方形のロンド
正方形に人が配置された場合のボール保持者には3つのプレーオプション(縦パス、横パス、斜めのパス)と個人プレー(スペースへ運ぶドリブル)が存在する。ボール保持者から横パスを受けるサイドの選手は前方に視野を保ちながらボールを受けることが難しい。ボール保持者から横パスを受ける選手が半身になってボールを受けようとしても、おそらく、自身の前方にいる選手を視野に入れることは難しくなる。

相手の配置によっては相手を視野に入れることも難しくなる。例えば、ボール保持者の横にいる選手が横パスを受ける場合、相手が予測してサイドにスライドして縦パスのコースを消すとその相手を視野に入れることが難しい。

それでも横パスは正方形の配置の最も安全なパスである(相手は進行方向への縦パスと斜めのパスコースを消すので)。ボール保持者から縦パスを受けようとする選手も半身になるとボール保持者と相手を視野に入れることが難しいので、ボール保持者の方に身体を向けることになる。

ボール保持者から斜めのパスを受けようとする選手は、斜めの視野を取ることで、ボール保持者、相手、選手を視野に入れることができる。しかし、相手が斜めのパスコースを消すのはコートの真ん中に立ち、ボールの位置によって少しだけ移動することで斜めのパスコースを消すことができる。

そのように考えると、選手全員が斜めの関係になればボール保持者、相手、その他の選手を周辺視野に入れることができる。つまりダイヤモンドの形、もしくはトライアングルが有効である。

個人戦術(幅と深さを取る、マークを外す)の面から正方形を見ると、幅と深さを必要なだけ取ることは可能だが、深さをいくら取っても相手がパスコース(縦パスと斜めのパス)を消すことは容易だ。幅を必要なだけ取ると、スペースが横に広がるので横パスを受けるのが簡単になり、その後の縦パスや斜めのパスを入れやすくなる利点はある。

ただ長い横パスを相手にカットされた場合はボール保持者とボールを受けようとした選手の間に広大なスペースができているので、両方が置き去りにされ、相手にカウンターアタックのチャンスを与えることになる。正方形の配置からの攻撃は守備の準備という観点からも好ましくない。

ダイヤモンドの形にも横パスはあるが、もし横パスをカットされても後ろに人選手がいるので素早く守備に入ることができる。

【正方形のプレーはなぜ難しいのか】
正方形の配置は、最も有効だがパスをするのが難しい縦パスと、最も簡単だが、相手にボールを取られると危険な横パス、有効だが相手がパスコ ースを消しやすい斜めのパスがある。


出典:『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』著/坂本圭

『ダイヤモンドオフェンス サッカーの新常識 ポジショナルプレー実践法』
著者:坂本圭

日本ではまだ珍しいサッカー攻撃の概念・ポジショナルプレーを取り入れた戦術書!!スペインのプロチームでコーチライセンスを獲得した著者が、サッカーを勉強したい学生や指導者、日本式ではなく世界のトップシーンで導入されている新しいサッカーの攻撃方法を実践したいと思っている方々のために、ポジショナルプレーを実践するための方法としてダイヤモンドオフェンスを伝授します。