SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ゴルフの正しい「体重&軸」移動が身につくドリルとは!?【大人のやり直しゴルフ学/高野裕正】

ゴルフの基本はステップ動作

初心者は頭や足が動き過ぎて、軸がブレてしまう人がほとんどです。皆さんもゴルフを始めたばかりの頃はレッスン書や先輩ゴルファーのアドバイスを参考にして、身体が無駄に動き過ぎないように安定させていき、スイングの再現性を高めていった経験があるはずです。しかし、それでボールに当たるようになると、今度は頭や足を動かさないようにと頑張り過ぎて、力んだ”窮屈な動き”のバックスイングとなり、スイングの流れを作れていない人はかなり多いです。

●動きすぎるバックスイング

●頭や足を固定しすぎるバックスイング

ゴルフの基本はステップ動作(体重移動&軸移動)です。体重移動をしたつもりでも軸がブレたり傾いてしまってはボールに力が伝えられません。右打ちの人は左にしっかり踏み込んでから体が回転することが肝心です。「踏み込んで回転」がスムーズにできない人は、野球の一本足打法のように左足を空中にあげてバックスイングをしてみてください。野球のバッターはテークバックではどんな球にも反応できるように、最大限リラックスしようとしています。そして、球を打つ際に左足へ踏み込むところから、”身体の力感のスイッチ”を入れ始めます。ゴルファーもその感覚で切り返しから力感を入れ、踏み込んでスイングしてほしいです。

もちろんこれはドリルです。最初は一本足打法で、次は足を上げ切らないヒールアップで、そして最終的には”足の裏で左、右、左、と地面を押すようにして”、足が動き過ぎないようにします。そうすれば、「動きやすさとリズム」を確保した上で、スムーズに体重移動ができるでしょう。

●1本足打法(ステップドリル)