SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

キャッチボールの時正しくステップして相手の胸に投げる練習を繰り返すべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

キャッチボールのとき
正しくステップして、相手の胸に投げる


【こんな良いコトが!】
●コントロールがよくなる


 準備運動に続いて行うことが多いので、ウォーミングアップの延長と考えがちだ。しかし、キャッチボールは最重要な練習メニュー。

「キャッチボールを見れば選手やチームのレベルがわかる」という指導者も多く、たくさんのプロ野球選手が一番大切な練習を問われ「キャッチボール」と答えている。

相手に向かって真っすぐな直線をイメージしたら、まずは利き腕と同じ足を「逆T字」になるように置き、次に逆の足を真っすぐ踏み出し、相手の胸を目がけて、しっかりと腕を振って投げる。

ピッチャーはピッチング練習、野手は送球練習のつもりで。1球1球、一つひとつの動きを意識してストライクを投げ込むことで、キャッチボールは中身の濃い練習になるはずだ。

【監督からのひと言】
「ステップ&スロー」は送球動作の基本中の基本。キャッチボールから意識して、しっかり身につけよう。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内