SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バッターボックスでは外角が届く所に立つべき理由とは!?【少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56】

バッターボックスでは外角が届くところに立つ


【どうして?】
●ストライクを確実に打つため


初めてバッターボックスに立ったときは、向かってくるボールが怖いもの。つい、外側に立ってしまいがちだ。

こればかりは「慣れ」しかない。コーチやお父さん、お母さんに「近いところ」から「遅い」ボールを投げてもらうところから始めて、だんだんと距離を長くして、「ピッチャーと同じ距離」から「少し速めのボール」が来ても大丈夫になるまで、ゆっくり慣れていこう。

いまは軟式ボールよりも柔らかい、入門用のボールも売っている。そうしたボールを使ってもいい。

慣れたら、バッターボックスでは外角までバットが届くところに立つようにしよう。

体が大きな子は、バッターボックスの一番内側でなくても大丈夫だ。

【監督からのひと言】打席に入るとき、バットの先でホームベースの外角側をトントンとして、立つ位置を決めるようにしよう。

出典:『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』監修/江藤省三

『少年野球 監督が使いたい選手がやっている! デキるプレイ56』
監修:江藤省三

少年野球の監督がレギュラーにしたい子供は大きく2つにタイプに分かれます。
・野球の技術、運動能力に優れている子
・野球のプレイに精通している子
野球は「投げる、打つ、走る」の能力が問われるスポーツで、これに優れた子供がレギュラー選手になる面が大きい。これが「野球の技術、運動能力に優れている子」です。
しかし、数多くあるいわゆる「野球技術向上本」は読んだところですぐには上手くならないのが現実。では、多くの“普通の子”にとって、何がレギュラーと補欠を分けるのか?それがもう一つの「野球に精通している子」かどうかという事です。
ルールを知らないのはそれ以前の問題ですが、監督は「ルールより少しだけ上のセオリーのプレイを知っている子」をレギュラー選手に使いたくなるものです。これに技術は必要なく「知っているか?知らないか?」の差でしかありません。
野球にはこのようなプレイが数多くあります。これができるかどうかで監督の評価は大きく変わってきます。
本書はその「知ればすぐにできる野球のセオリー」を集めました。これが出来るようになれば「明日から監督が使いたくなる選手」になれる1冊です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内