SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

腸は「変貌自在」って、どういうこと?【解剖学の話】

Text:坂井建雄

腸を守っているのは腹筋などの筋肉

大腸は、食道から始まる消化管の最後となる部分で、盲腸(もうちょう)、結腸(けっちょう)、直腸(ちょくちょう)からなる長さ約1.5メートルの管です。

人体解剖図などでは、大腸が小腸を囲んできれいに収まっているように見えますが、実際の体内では、とても複雑に曲がりくねっていて、大腸と小腸の区別すらつきにくいほどです。加えて、その曲がりかたは人によっていろいろ。まさに「変貌(へんぼう)自在」なのです。

なぜかというと、守られるように骨に囲まれているほかの多くの臓器と違い、お腹にある腸は骨に囲まれていないためです。

私たちが食べたものは、蠕動(ぜんどう)運動といって、食道から直腸までのリズミカルな筋肉の収縮の波によって、口側から肛門側に送られていきます。この運動は、かたい骨でお腹を囲んでしまうと、十分にできなくなるので、代わりにお腹の臓器は腹筋をはじめとする多くの筋肉で囲まれ、守られているのです。

大腸には消化する機能が備わっていない

大腸の役割は、小腸から送られてきた食べ物のかす(消化物)の水分を吸収し、かたい便にすることですが、じつは、その食べかすにはまだ若干、消化されずに残った栄養分が含まれています。

それにもかかわらず、大腸自体には消化能力を備えていません。代わりに、これを分解するのが大腸に住み着いている腸内細菌です。ヒトは、自分の力で消化できない物質を、腸内細菌に処理してもらっているのです。

【出典】『眠れなくなるほど面白い 図解 解剖学の話』
著:坂井建雄 日本文芸社刊

執筆者プロフィール
順天堂大学保健医療学部特任教授、日本医史学会理事長。1953年、大阪府生まれ。1978 年、東京大学医学部卒業後、ドイツのハイデルベルグ大学に留学。帰国後、東京大学医学部助教授、順天堂大学医学部教授を歴任。医学博士。専門は解剖学、細胞生物学、医学史。専門書だけでなく一般向け書籍まで、著書、監修書を多数刊行。近著書は、『医学全史』(ちくま新書)、『図説医学の歴史』(医学書院)など。

ヒトの骨は全部で何個あるの? 血管の長さって、どれくらいあるの? 女性と男性で呼吸法が違うって、ほんとう? いちばん身近でディープ! ヒトの体のナゾを徹底解明! 専門的知識ゼロでOK! 骨、筋肉、肺、心臓、腸、脳……。超素朴な疑問で楽しむ解剖学のキホン。いま、解剖学は医療職やスポーツ関係者だけでなく、健康や体に対する意識の高い人を中心に広く一般に関心が高まっています。解剖学は、人体を切り開き、ヒトの体のしくみと働きを追求する学問。そんな解剖学と解剖学から発展した生理学をベースに、いちばん身近でディープな人体の謎を、ゆるくて楽しいイラストとともにわかりやすく解説します。専門的知識ゼロでも大丈夫。素朴な疑問形式で、骨や筋肉、関節から、呼吸器、循環器、消化器、呼吸器、感覚器、生殖器まで、知っておきたい体のコトが楽しくわかります。日常生活にも役立ち、楽しさ満載の図解本。監修は、解剖学の第一人者の坂井建雄先生です。 ヒトの骨は全部で何個あるの? 血管の長さって、どれくらいあるの? 女性と男性で呼吸法が違うって、ほんとう? いちばん身近でディープ! ヒトの体のナゾを徹底解明! 専門的知識ゼロでOK! 骨、筋肉、肺、心臓、腸、脳……。超素朴な疑問で楽しむ解剖学のキホン。いま、解剖学は医療職やスポーツ関係者だけでなく、健康や体に対する意識の高い人を中心に広く一般に関心が高まっています。解剖学は、人体を切り開き、ヒトの体のしくみと働きを追求する学問。そんな解剖学と解剖学から発展した生理学をベースに、いちばん身近でディープな人体の謎を、ゆるくて楽しいイラストとともにわかりやすく解説します。専門的知識ゼロでも大丈夫。素朴な疑問形式で、骨や筋肉、関節から、呼吸器、循環器、消化器、呼吸器、感覚器、生殖器まで、知っておきたい体のコトが楽しくわかります。日常生活にも役立ち、楽しさ満載の図解本。監修は、解剖学の第一人者の坂井建雄先生です。

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内