SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

自宅飲みや居酒屋でお酒を飲む時に一緒に食べたい肝臓の負担を軽減する最強のおつまみとは!?【肝臓の話】

Text:栗原毅

食物繊維が豊富な食べ物は強い味方

アルコールは体内で分解・解毒され、二酸化炭素や水などに形を変えて排出されます。この分解・解毒作業の大半を担っているのが肝臓です。

一度に大量のアルコールを吸収すると、肝臓に大きな負担がかかってしまうため、できるだけ吸収量を減らしたいところです

居酒屋でお酒を飲むときは、“とりあえず”で料理も合わせて注文することが多いでしょう。そんなときには食物繊維が豊富な品を選択するのがオススメです。

食物繊維は消化されにくく、長い時間、胃や腸にとどまるため、アルコールの吸収効率を下げる働きがあります。

食物繊維が多い食材といえば、キャベツ、セロリ、ゴボウ、レタス、トマト、アスパラガス、タマネギ、白菜など。特にアルコールの血中濃度を3分の2~半分ほどまで減らすと言われるトマトや、アルコールの分解酵素を活性化するビタミンUが含まれているキャベツがオススメです。

ほかにも、きのこ類や豆類、海藻類、こんにゃくなどは食物繊維が豊富。メインの品を頼む前に、これらの食材を使った料理を食べておくのが理想的です。

また、お酒を飲む前にヨーグルトやチーズなどの乳製品を食べておくのも有効でしょう。乳製品にはアルコールの分解を助ける善玉物質が含まれているので、肝臓の仕事を減らし、負担を軽減できるのです。

【書誌情報】
『眠れなくなるほど面白い 図解 肝臓の話』
監修:栗原毅

新型コロナウィルスの影響でテレワークの導入や、不要不急の外出など、何かと家にいる時間が多くなっている昨今、問題視されている“酒量の増加”。運動不足な上に酒量が増加したことにより、太ってしまったり、々な健康数値に悪影響が出ている人も多くおり、その多くの人が『正しい飲み方』を知りません。本書ではそんなお酒を考える上でも最も大切な臓器である『肝臓』の働きから、必ず役立つ『最強の飲み方』まで、すぐに使える実用的な情報を幅広く紹介します。