SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

肌よりももっと気をつけるべき女性の〇〇の潤いとは?【温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする】

Text:関口由紀

ちつのこと、考えたことありますか?

あなたは日々、潤いを大切にしていますか?たとえば、肌が少しでもカサカサしてきたら……、急いでパックや美容液などの保湿ケアをする人は多いのではないでしょうか。実は、肌よりももっともっと、気をつけるべきなのが、〝ちつ〞の潤いです。何故なら、ここがいつもしっとり、うるうるしていることが、女性の心とカラダの健やかさ、若々しさ、美しさをつくっているからです。このちつの潤いと関係しているのが、女性ホルモンです。女性ホルモンは、妊娠出産の機能を司るほか、美容や健康を守る働きもあります。

しかし女性ホルモンは、20代後半〜30代前半をピークに、閉経に向けて低下します。すると疲れやすくなったり、冷えや腰痛などのさまざまな不調が出てきます。加えて45歳頃〜55歳頃にかけての更年期では、めまいやホットフラッシュを始めとする、特有の症状に悩まされる人もいます。 そして、女性ホルモンが減り始める30代後半頃から生じることもある、深刻な不調が、実は「ちつまわりの乾燥」なのです。

ふだんは気づきにくいけれど、進行すると怖い影響が起こる可能性があるのが、ちつの乾燥なのです。

【書誌情報】
『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする。』
著者: 関口由紀 著/YUKO 著/ガロワーズカオリ 著

あらゆる不調、もしかしたら ちつと骨盤が原因かも? 世界的に見ても、おしゃれや美容、 健康に気をつかう日本人女性。 でも、ある部分のケアについては これまで無頓着に過ごしてきました。 それが、「ちつと骨盤」です。 恥ずかしいからと雑に扱っていると、 生理痛、PMS(生理前症候群) 、冷え症、黒ずみ、 頭痛、肩こり、腰痛、尿もれ、便秘、性交痛、不感症、 骨盤臓器下垂、難産……などなど、 あらゆる悩みに、つながってしまうのをご存知ですか? 本書は、ちつと、体の土台であり子宮を支える骨盤にフォーカスし、 包括的な女性器周りのケア方法をご紹介する1冊。 ちつまわりのマッサージ、骨盤ヨガなど、 5つのケアの実践方法をイラスト満載で解説します。 温かくしなやかな「ちつと骨盤」は、 私たちの体と心をとても幸せにしてくれます!