SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

誰でも簡単にすぐできるおすすめの有酸素運動とは!?

Text:加藤雅俊

有酸素運動がおすすめ

マラソンやジョギングのように、常に酸素を取り入れながらおこなう運動は有酸素運動といい、ぜひ自分に合った有酸素運動をおこなってください。例えば、ウォーキング、水泳、エアロビクスなども有酸素運動の1つです。酸素を取り入れながら 運動できれば、何でもかまいません。

ただし、有酸素運動をしているつもりが、頑張りすぎて呼吸が浅くなり、結局は無酸素運動になってしまうことがあるので、気をつけてください。弱い力が継続的にかかっていることが重要です。また、深層筋は持続した運動によって発達してい く筋肉ですから、たまに運動をするよりも、長期的に続けることで効果が出ます。実はストレッチが一番簡単で効率のいい有酸素運動です。運動が苦手な人でも楽におこなえますし、スポーツでも使わないような筋肉も使いますので、全身運動ならストレッチがおすすめです。

有酸素運動の効果を上げるには

よく有酸素運動は20分以上継続しておこなわなければ効果がないと言われていますが、実はそんなことはありません。運動の始めは糖がエネルギー源として使われ、脂肪が使われるまでには時間がかかるため、そのように誤解されてきましたが、運動開始直後から、脂肪は使われていることがわかっています。

しかし、どのエネルギー源が使われるかは、時間だけでなく強度が大いに関係してきます。強度が強い運動は糖質を多く使い、強度が弱くて長く続けられる運動は脂肪を多く使う傾向にあります。また、時間に関して言えば、もし20分間の運動が続けられなければ、5分や10分の運動を少しずつ細切れにおこない、トータル20分でも脂肪をエネルギー源として燃焼することは可能なのです。ですから、毎日少しずつでも深層筋を刺激するストレッチをおこなうことで、コツコツ脂肪を減らしていくことができます。

【書誌情報】
『肥満がいやなら 肺を鍛えなさい』
著:加藤雅俊 (薬剤師、体内環境師、薬学予防医療家)

肺の主な役割は「呼吸」と「血液循環」。酸素を含んだ血液を体内に循環させているが、十分に機能しないと不調を招く。 本書では、肺を鍛える方法として「肺ストレッチ」を提案。肺と血液の関係を説明しながら、その方法を紹介する。