SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

どんな形状のパターでもショルダーストロークをする以上イントゥインの軌道で打つべき理由とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

フェースバランスパターもイントゥインで打つ

 パターの軌道に関しては、フェースバランスのパター(パターを水平に持ったときにフェースが上を向くモデル。マレット型、大型マレット型、センターシャフトなどに多い)は、ストレート軌道で打ったほうがいいという人もいますが、これも間違い。何度も言うようですが、ショルダーストロークをしている限り、イントゥインの軌道にしかならないからです。

 ただし、トゥヒールバランスのパター(パターを水平に持ったときにフェースが斜めを向くモデル。ピン型、L字型などに多い)に比べて、フェースバランスのパターのほうが、湾曲が緩やかになるのは事実です。とはいえ、その差はほんの少し。フェースバランスパターだから真っすぐ気味に、トゥヒールバランスだから強めのイントゥインで打つといったことをする必要はありません。構えた通りにショルダーストロークで打つことだけを心がけてください。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。