SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

アドレスの再確認とストロークが安定するドリルとは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

ストロークの安定を目指す連続素振り

皆さんは、ショットの練習のとき、いきなりボールを打ち始めるのではなく、最初に素振りをしますよね。パッティングでも、スタートは素振りです。

まず、パターのヘッドが通る広さ(ヘッドの長さ+ボール半個分ずつ広げた程度)にティーを2本刺します。そして、ティー2本を結んだ線に対して垂直にスティック(アイアンでも可)をセット。

次に、ティー2本の中央にパターの重心を置き、両足のツマ先をスティックと平行に。もちろん、グリップやポスチャーなど家練の成果を出しましょう。そして、ティーに触れないように連続素振り。最初は小さな振り幅で始め、徐々に大きくしていきましょう。

このドリルは、家練で習得したアドレスの再確認と、ストロークの安定を目指したもの。また、固まった体を解し、ショルダーストロークを体に呼び起こすなど、ストレッチ効果も期待できます。

ヘッドをグリーンに置き、

トゥ、ヒールからそれぞれ

ボール半個分ずつ外側にティーを刺す

ティーに触れないように連続素振り。

最初は小さい振り幅から始め、

次第に大きくしていくのがポイント

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。