SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

打ち出し方向に正確に構えられているかをチェックする方法とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

正確なアドレスが
取れているかどうかを確認

打ち出したい方向に対して正確にアドレスが取れているかどうかをチェックしましょう。パッティンググリーンにボールを置き、ボールの80センチ先にマーカーを刺し、そのマークに真っすぐ打つつもりで構えます。

構え終わったら、両足ツマ先を結んだ線にスティック(アイアンでも可)を置き、いったんアドレスを解いて、今度はボールとマーカーとを結んだ線上にパターを置きます。

そうすると、グリーン上に2本の線ができますが、その2本が平行になっているかどうかを確認します。

平行になっていれば、きちんと目標に向かって構えることができている証拠。両足ツマ先のラインに置いたスティックが左右どちらかを向いていれば、構えた方向が間違っているということになります。自分の感覚と実際の向きがズレている場合は、そのズレをしっかり矯正しておきましょう。

両足ツマ先を結んだ線と、ボールと目標を結んだ線が

平行になっているかどうかをチェック

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。