SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

今すぐ改善すべき極端なオープンスタンスとは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

体が目標の左を向くとインパクトで手元が体から離れてしまう

「アプローチはオープンスタンスに構えなさい」と教わったことはありませんか?

理由としてはインパクトでの振り抜きをスムーズにするためですが、それには右ヒジを体につけておき、インパクトで手元が体から離れないようにクラブを振ることが絶対条件です。

ところが多くのアマチュアはオープンスタンスを勘違いして肩や腰、スタンスを目標の左に向けて、手元を体から遠ざけた状態でアドレスしています。

こうした極端なオープンスタンスではバックスイングで腰が回転しにくく、クラブを胸や肩くらいの高さまで上げたときに、腰のラインがやっと飛球線と平行になります。そこからダウンスイングに移行すると体重が左足に乗りにくく、腰が引けてしまいます。

最初から体の左半身がボールから離れた姿勢で構えるため、インパクトではさらに手元が体から離れてしまうことになります。これではスイングの軌道が安定せず、ダフリやトップなど様々なミスが発生します。実はオープンスタンスに構えることが、アドレスやスイングを複雑にしているのです。

アプローチもドライバーやアイアンなどの他のショットと同様、スクエアスタンスに構えるのが基本です。肩と腰、スタンスを飛球線と平行にセットする習慣をつけることでいつも同じ姿勢で構えられますし、スイングの軌道が安定してミスが減ってきます。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。