SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

バンカーショットが成功する体の回転方法とは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

胸が目標方向を指すくらいまで体をしっかり回そう

バンカーショットが不得手というゴルファーの共通点は、上から打ち込もうとしたり、ボールの手前にクラブヘッドを入れようとしたりして、スイングがインパクトで終わってしまっているという点に尽きます。

フェースの刃が砂に刺さってインパクトで詰まるため、砂を前に飛ばせていないのです。 バンカーショットの定義は、胸が必ず目標のほうを指すまで体を回転させることです。

バックスイングは「右向け右」の要領で回り、ダウンスイング以降は「左向け左」要領で回る意識をしっかり持ちましょう。

バックスイングよりもフォロースルーを大きくするくらいの気持ちでスイングすれば、インパクトで詰まることがなくなります。

アプローチのスイングでは左手タイプは左ワキ、右手タイプは右ヒジを締めて打つことを説明しましたが、バンカーショットの場合は両ワキを締めてスイングすることを心掛けましょう。

大半のアマチュアゴルファーは腕だけを振ろうとして手首を使いすぎる傾向がありますから、グリップを通常に握る人も両ワキを締めて、両ヒジを下に向けたままでスイングするのがベストです。

スイングが大きくなれば手首の動きは自然に入りますが、イメージとしては手首をできるだけ使わないで、アドレス時の両肩と両腕の二等辺三角形をフォロースルーまで崩さないようにスイングしましょう。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。