SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パターグリップを握る時に力の入れ方を気をつける指とは!?【アプローチの新しい教科書/松吉信】

Text:松吉信

グリッププレッシャーはどちらかといえば強めに握るのが有利

パターのグリップは、一般的には真上の部分が平らになっています。

これは両手の親指をその部分に乗せやすくするためですが、親指の乗せ方はゴルファーの自由です。

親指の乗せ方には大きく分けて二通りがあって、一つは左手の親指の上に右手の親指を乗せる方法です。

もう一つは左手の親指と右手の親指が平行となるようにグリップの真上に重ねる握り方で、 私自身はこのグリップを取り入れています。両方の親指をぴったりと密着させても、離して握っても構いません。

パッティングはゴルファー自身の感覚や感性が大きく左右されますから、色々な握り方を試してみて、繊細なタッチを活かしやすい握り方を見つけ出してください。

両手の握りの強さは強めでも弱めでも構いません。パッティングもアプローチ同様、飛ばす必要はないので、ゆるめに握る人もいれば強めに握る人もいます。

ただし、親指には力を入れないように握ることが大切です。親指に力が入ると、両ヒジが外側を向き、両ヒジを左右に張り出すような構えになりやすく、ストロークの軌道が安定しにくいためです。

親指の力を抜くことで、両ヒジが下を向いたアドレスがつくりやすくなります。これは両手首を固定しやすいという利点にもつながります。

【書誌情報】
『「左手」「右手」タイプ別で上手くなる!アプローチの新しい教科書』
著者:松吉 信

本書の著者はゴルフのアプローチ・スイングについて左手主導と右手主導の2つがあるという。この本ではそれを「左手タイプ」「右手タイプ」と呼ぶ。どちらが合うかはゴルファー次第。「気持ちよく振れること」を基準にタイプを選び、そのメソッドを身につければ確実にレベルアップ、そしてスコアアップも実現する。本書では、それぞれのスイング方法をカラー写真を中心にわかりやすく解説。初心者からプロレベルの人まで使える、この方法はトライする価値がある画期的メソッドだ。